ホーム > 原子力 > 柏崎刈羽原子力発電所の状況 > 新規制基準適合性に係る審査の状況

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

新規制基準適合性に係る審査の状況

東京電力は、柏崎刈羽原発6・7号機について、新規制基準への適合性確認の審査を受けるため、平成25年9月27日、原子力規制委員会に対して原子炉設置変更許可、工事計画認可、原子炉施設保安規定変更認可の申請を行った。原子力規制委員会では、同年11月21日に第1回審査会合が開催され、同年11月28日に開催された第2回審査会合においては、地盤・地震、津波、プラント関係など、申請内容に係る27項目の主要な論点が示された。

原子力規制委員会による審査は、大きく3つ(地震・津波等に関係する審査、プラントに関係する審査、特定重大事故等対処施設に関係する審査)に分けて行われ、平成29年12月27日に原子炉設置変更許可申請が許可された。

引き続き、工事計画認可申請および原子炉施設保安規定変更認可申請の審査が行われる。

原子炉設置変更許可申請の主な審査項目は次のとおりである。

地震・津波等に関係する審査の状況(出典:東京電力ホームページ)

主要な審査項目

地質・地盤

敷地周辺の断層の活動性

敷地内の断層の活動性

地盤・斜面の安定性

地震動

地震動

津波

津波

火山

対象火山の抽出

審査会合は32回、現地調査は3回行われた。

プラントに関係する審査の状況(出典:東京電力ホームページ)

主要な審査項目

設計基準対象施設

外部火災(影響評価・対策)

火山(対策)

竜巻(影響評価・対策)

内部溢水対策

火災防護対策

耐震設計

耐津波設計

重大事故等対処施設

確率論的リスク評価(シーケンス選定含)

有効性評価

解析コード

制御室(緊急時対策所含)

フィルタベント

審査会合は120回、現地調査は3回行われた。

特定重大事故等対処施設に関係する審査

原子炉建屋への故意による大型航空機の衝突その他のテロリズムによる施設の大規模な損壊などに関する情報を含むため、セキュリティの観点に配慮し、審査会合は一部内容を除いて非公開で行われた。審査会合は11回行われた。

特によくある質問

お問い合わせ

危機管理部防災・原子力課原子力安全係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2323

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?