ホーム > 原子力 > 原子力災害に備えて > 安定ヨウ素剤 > 安定ヨウ素剤の事前配布

ここから本文です。

更新日:2016年2月3日

安定ヨウ素剤の事前配布

万が一の原子力災害に備えて、発電所からおおむね5キロメートル以内にお住まいの皆さんに安定ヨウ素剤を事前配布しています

原子力災害の発生時には、安定ヨウ素剤を服用していただく場合があります。

新潟県と柏崎市は、災害発生時に市内の各所で安定ヨウ素剤を配布することにしていますが、原子力発電所からおおむね5キロメートル以内の地域【PAZ(即時避難区域)といいます】にお住まいの方には、より速やかに服用していただく必要があるため、事前に安定ヨウ素剤を配布しています。

PAZとUPZ(原子力災害対策重点区域)

 

事前配布の対象地区(7地区)

  • 高浜地区
  • 荒浜地区
  • 松波地区
  • 西中通地区
  • 中通地区
  • 南部地区
  • 二田地区

 

 

写真:丸剤とゼリー状剤の安定ヨウ素剤が並んであります

安定ヨウ素剤(左:丸剤、右:ゼリー状剤)

図:即時避難・避難準備区域

PAZ:Precautionary Action Zone
(予防的防護措置を準備する区域)

事前配布の対象者

事前配布の対象地区にお住まいの方で、次のいずれかに当てはまる方

  1. 柏崎市の住民基本台帳に登録されている方
  2. 東日本大震災で避難されている方

対象者には、案内を送付します

配布対象者には、詳しい内容を記載した案内文と、服用中の薬などを確認するためのチェックシートを送付します。

「事前配布説明会」で配布します

安定ヨウ素剤は、体質によっては副作用が起こる可能性がある薬のため、「事前配布説明会」の際に詳しく説明をしてから配布します。

配布対象者は、事前に送付されたチェックシートに必要事項を記入し、説明会場に持参してください。

代理の方が受け取る場合

配布対象者本人でなくても、代理の方が安定ヨウ素剤を受け取ることができます。ただし、代理の方が受け取る場合は、次の点に注意してください。

  1. 同一世帯人でない方が代理受領者となる場合は、配布対象者本人からの委任状が必要です。チェックシートの委任状欄に記入・押印してください
  2. 説明会では、配布対象者本人の健康状態をお聞きする場合があります。代理受領者は、配布対象者本人の既往症や服用薬などを事前に確認し、来場してください

事前配布説明会の流れ(所要時間はおおむね1時間です)

説明会は、はじめに、医師が安定ヨウ素剤の効用や副作用などについて説明を行います。

その後、副作用を引き起こすような病歴や薬の服用がないか、薬剤師や保健師が確認を行います。

1.受け付け

配布対象の方か確認します。
(事前にお送りしたチェックシートを持参してください)

写真:係員と来場者が向かい合って座っています

2.医師による説明

安定ヨウ素剤の効用や服用の際の注意事項をDVDで説明します。

写真:受け取りに来た方がいすに座って話を聞いています

3.薬剤師と保健師による確認
(場合により医師の問診)

チェックシートの記載内容などを確認し、服用の可否を判定します。

写真:薬剤師や保健師が、チェックシートを確認しています

4.安定ヨウ素剤の配布

「3.薬剤師と保健師による確認」で服用可能と判定された方に、安定ヨウ素剤をお渡しします。

写真:係員が服用可能と判定された方に、安定ヨウ素剤を渡しています

 

特によくある質問

お問い合わせ

危機管理部防災・原子力課原子力安全係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2323

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?