ホーム > 防災・防犯・消防 > 防災 > 災害への備え > 大雨時の情報収集・避難に関する情報ページ一覧

ここから本文です。

更新日:2019年3月18日

大雨時の情報収集・避難に関する情報ページ一覧

全国各地で予想を上回る記録的な大雨が発生しています。

災害時には「命を守ること」を最優先に、正しい情報を集め、適切な避難行動を行うことが重要です。

大雨が降っている時に確認するべき情報ページをまとめてお知らせします。

情報収集が大切!

最新の気象情報などを確認

最新の気象情報、河川水位、土砂災害の危険度などがわかるホームページがまとめられています。

大雨に関する警報・注意報が発表されたときは、こまめに確認しましょう。

自宅周辺の危険箇所を再確認

洪水により浸水が想定される区域が地図上でわかります。

平成31(2019)年3月に新たな浸水想定区域に更新しました。

土砂災害の発生のおそれがある区域が地図上でわかります。

早めの避難行動が命を守る

避難勧告などの種類

河川水位の上昇や土砂災害の危険度の高まりにより、災害発生のおそれが高まったとき、市は避難勧告などを発令します。

市が発令する避難情報は、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」「避難指示(緊急)」の3種類があります。

高齢の方、障がいのある方など避難に時間のかかる方は、早めに避難を開始しましょう。

避難勧告などの発令対象区域

避難勧告などは、地区コミュニティ単位で発令します。

地区の中でも危険な場所(河川の近くで浸水が想定される場所、山・がけ地の近くで土砂災害が発生する可能性がある場所)にいる人は、避難が必要です。

その他の場所でも、身の危険を感じたらすぐに避難しましょう。

洪水時の避難勧告などの発令対象区域

町内会毎に、河川はん濫による洪水時の避難勧告などの対象区域がわかります。

※平成31(2019)年3月に洪水ハザードマップを更新しました。この区域図は、前回公表(平成18(2006)年)の浸水想定によるものです。最新の浸水想定などは「柏崎市洪水ハザードマップ」をご覧ください。

土砂災害時の避難勧告などの発令対象区域

町内会毎に、土砂災害時の避難勧告などの対象区域がわかります。

避難の方法

自宅に起こりうる災害の危険度に応じて、慌てずに命を守るための避難行動をとりましょう。

避難場所などの安全な場所への避難をする(立ち退き避難)

今いる場所から避難場所などの安全な場所に移動する。

自宅の2階などで身の安全を確保する(屋内安全確保)

自宅の2階など、今いるところよりも高い場所に移動して、身の安全を守る。

土砂災害の危険がある場合は、山やがけ地から離れた部屋やスペースへ移動する。

特によくある質問

お問い合わせ

危機管理部防災・原子力課防災係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2316

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?