ホーム > 防災・防犯・消防 > 防災 > 市の災害対策 > 防災訓練・セミナー > 津波避難意識向上を目指した「津波セミナー」を平成25年8月に開催

ここから本文です。

更新日:2015年1月21日

津波避難意識向上を目指した「津波セミナー」を平成25年8月に開催

津波対策のひとつとして、津波災害の脅威に対する正しい知識と避難の重要性を身につけていただくことを目的とし、平成25年8月24日(土曜日)に「平成25年度津波セミナー」を開催しました。

本セミナーでは、津波災害の仕組みや東日本大震災などにおける津波災害の様子を紹介したパネル展示のほか、津波に係る専門家や、東日本大震災における津波被災体験のあるお二方を講師としてお招きし、ご講演をいただきました。

セミナーは、市内外から定員を上回る計630名もの方々にご参加いただき、盛会となりました。

平成25年度津波セミナーリーフレット(別ウィンドウで開きます)(PDF:118KB)

主催

新潟県、柏崎市・柏崎市教育委員会、新潟地方気象台

開催日時

平成25年8月24日(土曜日)午後1時~午後4時

会場

柏崎市文化会館アルフォーレ大ホール(〒945-0054柏崎市日石町4番32号)

次第

平成25年度津波セミナー次第(別ウィンドウで開きます)(PDF:15KB)

講演

上野忠良氏:新潟地方気象台観測予報課主任技術専門官

『避難する勇気を持つために―津波と津波警報を知る―』

津波はなぜ発生するのか?どう予測するのか?東日本大震災を招いた地震と津波を映像で再現するとともに日本海側の津波の特性や避難の重要性をわかりやすく解説いただきました。

上野講師配布資料(別ウィンドウで開きます)(PDF:87KB)

大型スクリーンの前で語る上野講師

(津波の特性について語る上野講師)

瀬戸元氏:岩手県釜石市両石町(自主防災会長)

『あなたは鬼となれる心を持てますか?』

ご自身で撮影された東日本大震災における津波の映像を紹介しながら、津波災害の脅威とともに、「釜石の奇跡」として全国的に評価される子ども達への防災学習や「命てんでんっこ」とされる率先避難の重要性についてお話しいただきました。

瀬戸講師配布資料(別ウィンドウで開きます)(PDF:680KB)

写真:自分で撮影した津波の写真を解説している瀬戸講師の様子

(ご自身で撮影された東日本大震災津波災害の様子を語る瀬戸講師)

伊東毅浩氏:宮城県塩竈市(しおがまし)立浦戸中学校教頭

『命の大切さ―東日本大震災が教えてくれたこと―』

東日本大震災被災時における津波災害の様子や、気仙沼市における避難所運営に際してご苦労された体験談のほか、教育者の立場から「生きるとは自分と全ての人を大切にすること」とし、「命の大切さ」についてお話しいただきました。

伊東講師配布資料(別ウィンドウで開きます)(PDF:16KB)

写真:ステージ上で実体験を語る伊藤講師の様子

(東日本大震災における実体験と命の大切さを語る伊東講師)

関連書類

本津波セミナーに係る資料、講演録と当日の映像(DVD2枚組)は、以下のコミュニティセンターへ設置してあります。コミュニティセンター担当者へ問い合わせの上、ぜひご活用ください。

資料など設置コミュニティーセンター(計17カ所)

石地、大田、高浜、荒浜、中央、西中通、松波、北鯖石、比角、半田、枇杷島、剣野、高田、大洲、鯨波、米山、上米山の各コミュニティセンター

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部防災・原子力課防災係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2316

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?