ホーム > よくある質問 > 防災・防犯・消防 > 防災 > 地震や大雨などで災害が起きた時、どこに避難すればよいですか?

ここから本文です。

更新日:2018年12月6日

地震や大雨などで災害が起きた時、どこに避難すればよいですか?

質問

地震や大雨などの災害が起きた時、どこに避難すればよいですか?

回答

お近くの「指定緊急避難場所」や「指定避難所」に避難してください。

【指定緊急避難場所・指定避難所の確認方法】
指定緊急避難場所・指定避難所は、関連リンクの以下の場所から確認することができます
●「柏崎市地域防災計画(資料編)―災害の備えに関する資料」の『資料編4 災害の備えに関する資料1(PDF)』
●「まちナビ柏崎」のハザードマップ

【避難所数(平成30年11月1日現在)】
●指定緊急避難場所(※1):327カ所(洪水対応:157カ所、土砂災害対応:167カ所、地震対応:234カ所、津波対応:140カ所)
●指定避難所(※2):209カ所
●福祉避難所:2カ所

※1:指定緊急避難場所とは、災害発生の恐れがある場合や災害発生時に、住民が災害の危険から緊急的に命を守るために避難する場所です。
※2:指定避難所とは、被災者が、自宅や仮設住宅などに入居できるまでの間、炊き出しや物資の提供を受けながら生活する所です。

【身を守るために注意すべきこと】
●洪水時は、浸水している場所に避難しない。
●震災時は、倒壊する恐れのある建物から離れる。
●津波・土砂災害時は、いち早く危険な区域から外に出ましょう。

お問い合わせ

危機管理部防災・原子力課防災係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2316

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?