ここから本文です。

更新日:2017年1月16日

ぱくもぐナビ 新道いも

「ぱくもぐ☆ナビ」は、柏崎の食べ物を、ぱくぱくもぐもぐ食べてもらい食の地産地消を推進していくために、柏崎の食の現場をリポートしていく、ホームページ連載記事です。

柏崎市の農家さんや生産現場、飲食店などの「柏崎の食」について、シリーズで紹介していきます。

新道いも

写真:皮をむいたまん丸い新道いも今回ご紹介するのは、柏崎の「新道いも」です。

新道いもは、里いもより大きく、八つ頭のようにコブがなく、丸型で料理しやすいのが特徴です。

里いもといえば、通常は子いもを食べますが、新道いもは親いもを食べます。

食感は里いもと八つ頭の中間で、祝い事料理などに大いに食べられました。

鵜川流域の河川畑で柏崎市南部地域(新道、黒滝など)を中心に作付けされていたため、集落名がそのまま付けられたとされています。

新道いもの生産現場へ取材

巻口農園へ取材

 

取材に伺ったのは、柏崎市藤橋にある巻口農園。

新道いもは、こんなに大きい芋なんですよ!

写真:新道いもを頭の上におくポーズをとる人

 

収穫したときは、小芋が親芋の周りについています。

新道いもは、中央にある親芋を食べるのが主流です。

写真:収穫したばかりで、土のついている新道いもを持つ巻口さん

巻口さんからの一言メモ

新道いもは、じゃがいもよりカロリーが低いし、高血圧の人にもお勧めですよ。

おでんなどの煮物や蒸し物はもちろん、カレーライスにも使えます!

新道いもを栽培している生産者

巻口農園の他に、新道いもを生産している生産者さんは、

  • 新道生産組合
  • 金子幸生さん
  • 鴨下寿彰さん

などです。

柏崎農業協同組合愛菜館(あいさいかん)で販売しています。おいしい新道いもを食べてみてください。

「ぱくもぐ☆ナビ」の取材をしてほしい方を募集

「ぱくもぐ☆ナビ」は、食の地産地消推進を目的とした、ホームページ連載記事です。

ぜひ生産現場やお店を取材してほしいという方がいましたら、市役所3階農政課農村地域振興班にご連絡ください。農政課職員が取材に伺います。

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部農政課地産地消係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2295

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?