ここから本文です。

更新日:2017年3月10日

ぱくもぐナビ 平成29年3月号

画像:ぱくぱくもぐもぐ柏崎産ウイークと書いてあるロゴ

「ぱくもぐ☆ナビ」は、食の地産地消に取り組むために、柏崎の食べ物をぱくぱくもぐもぐ食べるための情報を提供していく、ホームページ連載記事です。毎月、柏崎のおすすめ食材、食のイベントなど「柏崎の食」を紹介します。

今月のおすすめ農産物

フキノトウ

写真:地面に生えたフキノトウ

柏崎でもフキノトウが採れ始めました。早春に土の中から顔をのぞかせるフキノトウは「春を告げる山菜」とも呼ばれています。体の新陳代謝を活性化して目覚めさせてくれる、旬の短い貴重な山菜です。成長すると葉と茎がのび、4月ごろに「フキ」へと成長します。

選び方

  • 大きすぎず、コロコロと太っていて、つやのあるものが新鮮
  • まだ開ききらない、つぼみのような形のものが美味

保存方法

  • 香りを楽しむためには、早めに食べきる方がよい
  • 1日から2日保存する場合は、湿らせた新聞紙で包んで冷蔵庫で保存
  • 長めに保存する場合は、固めにゆでて水にさらし、小分けにして水気を取り、保存袋に入れて冷凍保存

レシピ

こちらでレシピを紹介しています。

越後姫(イチゴ)

写真:真っ赤な越後

越後姫の収穫が最盛期を迎えています。市内の直売所やスーパーには、柏崎産の越後姫がたくさん並んでいます。イチゴに含まれるビタミンCは、果実の中でもトップクラス。風邪予防はもちろん、しみ、そばかすの予防にもなりますよ。

越後姫は「柏崎地場特産品」に認定されています。詳しくは柏崎地場特産品「越後姫」をご覧ください。

選び方

  • なるべく全体に赤い色がまわっていて、形のよいもの
  • 色が少し淡くても、へたが元気で香りが強ければ大丈夫

保存方法

  • 冷蔵庫の野菜室で保存
  • だんだん気温が高くなる時期なので、なるべく早く食べましょう

レシピ

こちらでレシピを紹介しています。ぜいたくにイチゴ大福はいかがですか?

今月のおすすめ水産物

ハチメ(メバル)

 

写真:生のハチメ

コラーゲン豊富でお刺身や煮つけがおいしいハチメ。柏崎ではメバル類のことを「ハチメ」と呼びます。肉厚であっさりとした良質な白身が特徴です。刺身、塩焼き、煮つけなどで、おいしくいただくことができます。市内のスーパーで「柏崎産」というラベルが付けられて並んでいます。

レシピ

ハチメの煮つけ

写真:お皿に盛りつけられたハチメの煮つけ

材料
  • ハチメ:5切れ
  • 生姜:少々
  • 酒:大さじ7
  • 醤油:大さじ7
  • みりん:大さじ7
  • 砂糖:大さじ4
  • 水:450cc
作り方
  1. 鍋に全ての調味料と、水、生姜を入れて火にかけます
  2. 煮立ったら、ハチメの皮を上にして入れ、生姜も入れます
  3. 落し蓋をして、汁気が少なくなるまで煮つけて、完成です

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部農政課地産地消係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2295

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?