ここから本文です。

更新日:2017年6月7日

ぱくもぐナビ平成29年6月号

ぱくぱくもぐもぐ柏崎産ウイークのロゴ

「ぱくもぐナビ」は、食の地産地消に取り組むために、柏崎の食べ物を、ぱくぱくもぐもぐ食べるための情報を提供していく、ホームページ連載記事です。毎月、柏崎のおすすめ食材、食のイベントなど「柏崎の食」を紹介します。

かしわざき港おさかな祭りが開催されました

6月4日(日曜日)は、かしわざき港おさかな祭りが開催されました。柏崎港であがった旬のお魚がたくさん並んでおり、とてもお手頃な価格で販売されていました。今回来れなかった人も来年はぜひ新鮮な旬のお魚たちを見に来てください。

写真:おさかな祭り2017での、鮮魚売り場の様子

6月のおすすめ農産物

そらまめ

写真:かごに乗ったそらまめ

青空が広がる日が続き、緑のきれいな季節となりました。6月に旬を迎えるこの豆は、通常豆類のさやは下向きにつくものが多いなか、上向きにさやがつくため「そら豆」と名付けられたそうです。そら豆の薄皮には食物繊維がたっぷり含まれているので、薄皮ごと食べることをおすすめします。

そら豆は「柏崎地場特産品」に認定されています。詳しくは柏崎地場特産品「そら豆」をご覧ください。

選び方

  • 濃い緑色で筋が茶色に変色していないもの
  • さやの表面のうぶ毛が残っているものが新鮮

保存方法

ゆでた後に冷凍すると水っぽくなるため、長期保存時はさやから取り出した状態で冷凍保存しましょう。

レシピ

こちらでレシピを紹介しています。

そら豆と春雨のサラダ

玉ねぎ

写真:畑に並べられた玉ねぎ写真:機械で玉ねぎを収穫する男性

玉ねぎの収穫は梅雨前の晴天の続く日に行われるので、柏崎市ではイベントが多い6月が収穫時期になります。新鮮な玉ねぎは辛味が少なく生のまま食べることができます。このため新玉ねぎは栄養成分であるケルセチンや硫化アリルをしっかり吸収できるので、ダイエットや疲労回復におすすめの食材です。

選び方

  • 持った時にずしりと重みがあり、硬く締まっているもの
  • 表面の傷が少ないもの

保存方法

  • 湿度が高いと腐りやすいため、風通しのよい場所で保存しましょう
  • リンゴと一緒に保存すると成長が進み風味が落ちるため、別々に保存しましょう。

レシピ

新玉ねぎのサラダ

  1. 新玉ねぎをくし型に薄くスライスし、さっと水にさらします。
  2. 水気を切って、かつお節とポン酢で

ポイント

玉ねぎを水にさらす時間が長いと、栄養成分が水に溶け出てしまいます。水にさらす時間は1~2分を目安に行ってください。

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部農政課地産地消係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2295

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?