ここから本文です。

更新日:2018年4月19日

ぱくもぐナビ平成30年4月号

ぱくぱくもぐもぐ柏崎産ウイークのロゴ

「ぱくもぐナビ」は、食の地産地消に取り組むために、柏崎の食べ物を、ぱくぱくもぐもぐ食べるための情報を提供していく、ホームページ連載記事です。

毎月、柏崎のおすすめ食材、食のイベントなど「柏崎の食」を紹介します。

越路早生の田植えが行われました

新潟県内で一番早い田植えが、市内で行われました。

越路早生はコシヒカリの姉妹品種で、食味の良いお米です。

8月下旬には新米が販売されます。

 写真:水田に田植え機で田植えをする様子。水田のあぜには越路早生ののぼりが見える。

県内でイチゴの品評会が開催されました

県内でイチゴの品評会が開催され、柏崎市では4月11日に、ファームくじらなみで審査が行われました。柏崎市内にイチゴ農家さんは5軒あります。柏崎産の越後姫は愛菜館でも6月頃まで販売されますので、ぜひ食べてみてください。

写真:審査員がイチゴの栽培ハウス内をまわり、審査している様子

写真:手前に越後姫の白い花が、奥に赤く色付いた越後姫と、まだ熟していない緑の越後姫が写る写真

4月のおすすめ農産物・水産物

とう菜

写真:とう菜

冬から春にかけて立ってきたとう(茎)の部分を食べる野菜を、新潟県では総称で「とう菜」と言います。大崎菜、五月菜、女池菜、アスパラ菜など、新潟各地に数多くありますが、どれもあぶらな菜の改良種です。

選び方

菜の花やアスパラ菜などの菜花類は、花が咲いていない若いもので、葉や茎がしゃきっとしたものを選びましょう。

レシピ

こちらでレシピを紹介しています。

 

写真:ボウルに4匹の新鮮な鯛が入っている

日本では亜熱帯を除く北海道以南全域に生息します。1年を通して漁獲されますが、産卵期直前が特においしいです。鹿児島では1月下旬から3月、青森では5月下旬から6月に産卵期を迎えるので、長い期間楽しめます。

鯛の旬にあわせて市内の飲食店では、鯛を使った料理と市内の4種類の地酒をセットにした晩酌セットを提供しています。この機会にぜひご堪能ください。

選び方

体表が鮮やかな赤で、身がしっかりしているものを選びましょう。

レシピ

こちらでレシピを紹介しています。

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部農政課地産地消係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-23-5111(内線295)

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?