ここから本文です。

更新日:2018年6月11日

ぱくもぐナビ平成30年6月号

ぱくぱくもぐもぐ柏崎産ウイークのロゴ

「ぱくもぐナビ」は、食の地産地消に取り組むために、柏崎の食べ物を、ぱくぱくもぐもぐ食べるための情報を提供していく、ホームページ連載記事です。

毎月、柏崎のおすすめ食材、食のイベントなど「柏崎の食」を紹介します。

かしわざき港おさかな祭りが開催されました

平成30年6月3日(日曜日)に、柏崎港観光交流センター「夕海」で「第2回かしわざき港おさかな祭り」が開催されました。

地場産鮮魚の直売コーナーや浜汁のふるまいなどが催され、会場は大盛況でした。

子ども向けには、バイ貝のつかみ取りや、海の生き物に触れるコーナーがあり、こちらも大人気でした。

写真:夕海の前に設営された直売コーナーのテントに人々が集まる様子

写真:夕海の前に設営された浜汁のふるまいコーナーのテント

 

写真:大漁旗を掲げた乗船体験の漁船が港から出ていく様子

写真:バイ貝の入ったコンテナボックスの前で子どもがしゃがんでいる様子

マコモタケの定植が行われました

今年も地元の小学生が、矢田地区で農業体験を行いました。

水稲の苗より大きなマコモタケの苗を、2メートル程の間隔をあけて植え付けていきます。

こんなに間隔をあけるのは、無農薬栽培で草取りのために機械を入れる幅が必要になるからだそうです。

写真:小学生が水田に横1列にならんで入り、マコモタケの田植えをしている様子

写真:マコモタケの田植えが終わって水田から小学生が上がっていく様子

写真:稲より背が高く育ったマコモタケを眺めている男性2人の様子

育つとこんなに大きくなります。

収穫が楽しみですね。

 

6月のおすすめ農産物

ブロッコリー

写真:ブロッコリー

直売所で柏崎産のブロッコリーがたくさん売られるようになりました。

ブロッコリーはビタミンCを多く含む食品です。

ビタミンCはコラーゲンの生成や免疫力の向上、抗酸化作用など、体内でたくさんの働きをする栄養素です。日々の食事で意識的に摂るようにしたいですね。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、ブロッコリーをゆでた後、水にさらさないようにしましょう。

選び方

つぼみが小さく、粒がそろっているもの。

濃い緑色のものが良い。黄色く色付いてきてるものは、収穫してから時間がたっていることがあります。

バイ貝

写真:煮付けにしたバイ貝

日本各地の浅い海に生息している貝です。

旬は春から初夏にかけてです。

選び方

生きているもので、貝殻につやのあるもの

レシピ

6月3日に開催された「第2回かしわざき港おさかな祭り」の、バイ貝のつかみ取りコーナーで配られた煮付けのレシピを紹介します。

  1. 《洗う》ボールに貝を入れ水道水で洗い回す。ゴミが出なくなるまで、3回ほど繰り返す。
  2. 《ゆでる》鍋に貝を移し、40分から1時間ほどゆでる。この時、貝と一緒に大根の切れ端を入れてゆでると、大根が臭みや灰汁を吸ってくれます。吹きこぼれに注意しましょう。
  3. 《洗う》水道水で数回、貝を洗い流します。この際、貝のふたが外れます。
  4. 《味付け》日本酒(みりん)、醤油、砂糖で味を調えながら、落しぶたをして15分ほど煮れば完成。一晩寝かせると味がしみ込み、より一層おいしくなります。

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部農政課地産地消係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-23-5111(内線295)

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?