ホーム > 産業・ビジネス > 農業 > 農産物・レシピ紹介 > おすすめ地場食材 > ぱくもぐナビ平成31(2019)年2月号

ここから本文です。

更新日:2019年2月5日

ぱくもぐナビ平成31(2019)年2月号

ぱくぱくもぐもぐ柏崎産ウイークのロゴ

「ぱくもぐナビ」は、食の地産地消に取り組むために、柏崎の食べ物を、ぱくぱくもぐもぐ食べるための情報を提供していく、ホームページ連載記事です。

毎月、柏崎のおすすめ食材、食のイベントなど「柏崎の食」を紹介します。

2月のおすすめ農産物・水産物

白菜

写真:玉の白菜

冬の食卓に欠かせない白菜は、スーパーではカットしたものや大きい玉のものが販売されていますが、直売所などでは、最近よくミニ白菜を見かけます。

ミニ白菜は高さ20~25cm、重さ500g~800gくらいの、冷蔵庫にも入るサイズの白菜です。葉を一枚ずつむいて使えるので、カットした白菜より長持ちします。栽培期間が短い白菜なので、芯も厚くなりすぎず、生でもおいしくいただけます。

白菜の栄養は特に突出したものはありませんが、ビタミン、ミネラル共にバランスよく含まれています。効果的に栄養を取りたいときは、生のままコールスローなどのサラダで食べると良いです。また、加熱して食べるときは、水溶性の栄養素が流れ出た汁も一緒にいただくと良いです。

選び方・保存方法

  • 丸の白菜は、葉の先がしっかり閉じていて、持ってみてずっしりと重いものを選びます
  • カットしたものは、断面が平たく、盛り上がっていないものを選びます
  • 丸のままの白菜は、新聞に包んで立てて保存します
  • カットしたものは、ラップでしっかりと包んで冷蔵します

レシピ

こちらでレシピを紹介しています。

オータムポエム

写真:小さな黄色い花の付いたオータムポエム

柏崎地場特産品のオータムポエムが直売所やスーパーの地場産コーナーに並ぶ時期になりました。

オータムポエムには、抗発がん作用と免疫を高める作用のあるβカロテンが多く含まれます。また、カルシウム、カリウムなどのミネラルも豊富に含んでいて、栄養価がとても高い野菜です。風邪に負けない体を作り、体の調子を整える効果が期待できるオータムポエムを食べ、冬を元気に乗り越えましょう。

選び方・保存方法

  • 花の開ききっていない若いもので、葉や茎がしゃっきりしているものを選びます
  • 濡らした新聞紙に包み、袋に入れて冷蔵庫で保存します

レシピ

こちらでレシピを紹介しています

ブリ

画像:ブリのイラスト

ブリは青魚の中でも特に脂肪が多く、その脂肪にはEPAとDHAが多く含まれています。

EPAとDHAは、コレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにするだけでなく、脳を活性化させ、学習・記憶能力の向上が期待できる成分です。

ブリはたっぷり脂がのっている冬が旬です。冬の寒い時期のブリは「寒ブリ」と呼ばれ高級品ですが、比較的安価なアラをブリ大根でいただくのも良いですね。

選び方

切り身を選ぶときは、血合いが赤い方が新鮮です。

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部農政課地産地消係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-23-5111(内線295)

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?