ホーム > 産業・ビジネス > 農業 > 農産物・レシピ紹介 > 柏崎野菜 > 柏崎地場特産品「つららなす」

ここから本文です。

更新日:2015年3月9日

柏崎地場特産品「つららなす」

つららなす ―地域独自の取り組みで商標登録

写真:緑色で細長いつららなす

北条地域で栽培されている長なす。

「つららなす」は、もともとは「万寿満茄子(ますみなす)」という名前でしたが、夏の暑さの中、緑色が涼しさを感じさせてくれることから、地元で「つららなす」と名付けられ、商標登録された自慢の一品です。

2008年に料理研究家の目にとまり、東京の有名な料理店などとの取引が始まり、「つららなすの会」が結成され生産体制が整えられました。

無農薬と有機栽培にこだわり、安心・安全な茄子づくりに取組んでいます。

つららなすは、「柏崎地場特産品」に認定されています。

収穫時期

7月~10月

食べ方

あくのない淡泊な味で、煮崩れもしにくいため、煮物、おひたし、油炒めなどいろいろな調理法でおいしく食べられます。

「なすぶかし」に調理して食べるのもおすすめです。お試しください。

 

「なすぶかし」のレシピ

「なすぶかし」には、丸なすを用いるのが一般的ですが、いろいろななすを使うと違った味わいが楽しめます。

写真は一般的な紫色のナスを使った「なすぶかし」。「つららなす」を使うときれいな緑色になります。

レシピ詳細は、秋のレシピ「なすぶかし」をご覧ください。

 

写真:なすぶかしの写真、このなすは通常の紫色のなす

 

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部農政課地産地消係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2295

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?