ホーム > 産業・ビジネス > 農業 > 農産物・レシピ紹介 > 柏崎野菜 > 柏崎地場特産品「ズイキ」

ここから本文です。

更新日:2015年3月3日

柏崎地場特産品「ズイキ」

ズイキ ―八つ頭の茎の部分を食す、新潟県の特産品

大きな葉にのった大きな長細いズイキ里いも類(八つ頭)の茎の部分をズイキといいます。

新潟県特産品のひとつで、酢をかけると赤くなるので色合いもよく、お盆のもてなし料理として利用されます。

ズイキは柏崎全域で栽培に力を入れている「柏崎地場特産品」に認定されています。

収穫時期

8月~9月

 

大きな葉をつけたズイキの畑の様子

 

 

食べ方

皮をむいてゆでて調理して食べるのが基本ですが、乾燥して保存食にして食べる調理方法もあります。

ズイキを使ったレシピを2つご紹介します。ぜひお試しください。

ズイキの酢の物

赤くきれいなズイキの酢漬けの写真

ズイキのシャキシャキした歯触りと、さっぱりとした食味を楽しめます。

レシピ詳細は、秋のレシピ「ズイキの酢の物」をご覧ください。

干しズイキの油炒め

油揚げの入った干しズイキの油炒め干しズイキは、保存食の定番です。干したズイキは食感も変わり、いろいろな料理でおいしくいただけます。

レシピ詳細は、冬のレシピ「干しズイキの油炒め」をご覧ください。

 

 

 

 

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部農政課地産地消係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2295

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?