ホーム > 産業・ビジネス > 農業 > 農産物・レシピ紹介 > 柏崎野菜 > 柏崎地場特産品「ゆうごう(夕顔)」

ここから本文です。

更新日:2015年3月4日

柏崎地場特産品「ゆうごう(夕顔)」

ゆうごう(夕顔) ―どこか郷愁が漂う、さっぱり味と透明感

写真:葉の上にのった大きな夕顔新潟県に伝わる独特の野菜で、郷土食としても有名です。

味は、冬瓜に近く、夕顔の実を干したものが「かんぴょう」になります。

源氏物語に登場するほど、古くから伝わる野菜で、柏崎市では「ゆうごう」となまって呼ばれています。

ゆうごう(夕顔)は柏崎全域で栽培に力を入れている「柏崎地場特産品」に認定されています。

収穫時期

7月~8月

食べ方

ゆうごう(夕顔)を使ったレシピを2つ紹介します。ぜひお試しください。

夕顔のくじら汁

写真:なすとじゃがいもが入ったゆうごう(夕顔)のくじら汁夏のスタミナ源として、昔はどこの家でも作られた「夕顔のくじら汁」。夏になると食べたくなる一品です。

レシピ詳細は、夏のレシピ「夕顔のくじら汁」をご覧ください。

夕顔のあんかけ

写真:あんかけでとろみがあるゆうごう(夕顔)のあんかけあっさり味で食が進む一品です。

レシピ詳細は、夏のレシピ「夕顔のあんかけ」をご覧ください。

 

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部農政課地産地消係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2295

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?