ホーム > くらし > 男女共同参画 > 柏崎フォーラム > 「第33回柏崎フォーラム」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2018年12月19日

「第33回柏崎フォーラム」を開催しました

平成30(2018)年11月17日(土曜日)、18日(日曜日)に、柏崎市産業文化会館で「第33回柏崎フォーラム ―女(ひと)と男(ひと)共につくる希望の未来」を開催しました。

基調講演に142人、12のワークショップに延べ376人の市民の方々に参加していただきました。

基調講演:11月18日(日曜日)

講師:菊地幸夫さん(弁護士)

演題:菊地流・魅力的人生のススメ~仕事も家庭も一生懸命~

写真:講師の菊地幸夫さん

写真:菊地幸夫さんの講演の様子

ワークショップ

11月17日(土曜日)

悩んでいる人の気持ちに寄り添う方法(ゲートキーパーまめしてら)

写真:講師がスライドを使って説明している様子

人は自分に都合のいいものしか見えない習性があるため、自分の気づかないところで「相手との距離が縮まらない」「相手から敵視される」などということがあるそうです。「その人のために」と思っていてもお互いのすれ違いがあることについて、事例を交えた講話をいただきました。

親子で作ろう! ミニバスケット(柏崎市消費者協会)

写真:参加者がクラフトテープを編んでミニバスケットを作っている様子

「環境に配慮し日々の生活を送る」をテーマに、クラフトテープを使って男女問わず作れるミニバスケットを作成しました。

男性の参加がなかったことが残念でしたが、大人も子どもも自分の好きな色で楽しみながら作成していました。

大人のためのスマートフォン安心安全講習会(新潟産業大学平野研究室)

写真:スマートフォンを操作している参加者と講師

情報弱者とされる高齢者が安心してスマートフォンを活用することで、心身の孤立を防ぎ、コミュニケーションや社会参加が促進されると考えられています。

実際に操作しながら、安全に使うための技術や知識を身につけていただきました。

親子ロボット教室(新潟産業大学アブドゲニィゼミ)

写真:親子ロボット教室参加者の様子。机の上にはロボットの部品が並んでいます

学校教育でプログラミングが必須になることから、ものづくりの向上や予備知識を身につけるため開催しました。

親子で実際にロボットを組み立て、スマートフォンやタブレットで動かす体験をしていただきました。

柏崎を元気にするお金、地域通貨を体験してみよう!(新潟産業大学風輪通貨運営委員会)

写真:机を丸く並べ、地域通貨ゲームを体験している様子

「地域通貨って何?」地域通貨の流通がどのように地域の活性化に寄与するのかを理解してもらうための講演会と、地域通貨を参加者で実際に取引してもらう「地域通貨ゲーム」の体験会を開催しました。

みんなで創ろう「ささえ愛の柏崎」(柏崎市地域の支え合い推進会議)

写真:参加者が講義を聞いている様子

「通院や買い物に行けない」といった交通弱者である高齢者の移動支援について、市や地域の取り組みの事例を発表してもらい、「地域の支え合い」を地域で考えていく必要性を共有しました。

エネルギーと環境問題から考えたベストな自動車(新潟産業大学技術系教員グループ)

写真:スライドを使った講義を聴いている参加者

環境に配慮することになった事情、エネルギー効率、ハイブリット車と電気自動車などの比較、電気自動車普及の問題点など、さまざまな観点から考えて、わかりやすく説明していただきました。

大学生と一緒に考えるこれからの社会(かしわざき男女共同参画推進市民会議)

写真:参加者が話し合いをしている様子

あなたにとっての自分らしい生き方、働き方ってどんな感じ?

自分の「オモイ」「コダワリ」「価値観を大切に」「これまでの体験、経験、行動に筋を通す」ことを頭において話し合いました。

11月18日(日曜日)

和紙を使った小物作りに親子で挑戦!(柏崎子ども劇場)

写真:和紙で小物を作っている様子

柏崎に工房のある門出和紙を使って、花ブローチや恐竜、蝶などを作りました。

こんなに生きづらかったんだ!「体験!発達障害」(社会福祉法人ロングラン・比角地区子ども育成会・よろんごの木)

写真:参加者が装具をつけ、発達障害の方の生きづらさを実際に体験している様子

具体的な「生きづらさ」をいろいろな形で「提示」「体験」してもらいました。

「周囲はどのような配慮が必要なのか」「周囲が作ってしまった身近なトラブルに結びつく環境」「トラブルを防ぐためにには」などを考える機会になりました。

心に響く大人の「絵本」見~つけた‼(柏崎えほん亭)

写真:絵本の読み聞かせをしている様子

絵本に描かれている子どもの姿から自分の子ども時代を振り返り、さまざまな子どもたちの心が描かれた国内外の絵本で、充実したひとときを過ごしていただきました。

かがやく笑顔はピカピカの歯から(新潟県歯科衛生士会柏崎ブロック)

写真:お父さんと男のお子さん二人で実験をしています

「家族で守るお口の健康」をテーマに、親子で楽しく歯について学びました。

計りを使って、いつも飲んでいる飲み物の中の糖質量を調べることで、今後の生活習慣の見直しや、歯や体の健康に気をつけ流転を学びました。

「夢・ふれあい・輝き」特別支援学校作品展(柏崎特別支援学校・はまなす特別支援学校)

写真:作品の展示の様子

柏崎特別支援学校やはまなす特別支援学校に通う生徒の学校生活での出会いや感動、それぞれの思いが多彩な絵や形になりました。

個性豊かな作品を通して、生徒の皆さんの日々の様子を知ることができました。(会場:柏崎市市民プラザ)

特によくある質問

お問い合わせ

総合企画部人権啓発・男女共同参画室 

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-20-7605

ファクス:0257-32-3303

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?