ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 明日の柏崎づくり事業 > 「生き残りをかけて ―柏崎の産業のこれから」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2015年8月24日

「生き残りをかけて ―柏崎の産業のこれから」を開催しました

市は、市民が安心して幸せに暮らせる持続可能なまちに発展していきたいと考えています。そのために経済や産業の分野では何を考えていく必要があるでしょうか。

シンポジウムの概要

柏崎の産業構造の現状や内外の動向を確認し、今後の柏崎の地域経済・産業の可能性を考えるためのシンポジウムを開催しました。

写真:壇上に5人のパネーラーとファシリテーターが座っています

日時

平成26年9月29日(月曜日)午後6時30分から午後9時まで

会場

柏崎市産業文化会館1階文化ホール

主催

柏崎市

協力

柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会、柏崎市刈羽郡医師会、柏崎市小中学校PTA連合会、一般社団法人柏崎青年会議所、新潟産業大学、新潟工科大学

開催案内

生き残りをかけて ―柏崎の産業のこれから:チラシ(別ウィンドウで開きます)(PDF:615KB)

スケジュール

  • 午後6時30分
    開会のあいさつ
  • 午後6時40分
    基調講演「明日の柏崎は輝いているかー第2の陸の孤島論を越えて」
    平山 征夫 氏(新潟国際情報大学学長・前新潟県知事)

写真:平山氏が壇上で基調講演をしている様子

  • 午後7時30分
    明日の柏崎の産業を考えるパネルディスカッション
    平山 征夫 氏(新潟国際情報大学学長・前新潟県知事)
    鈴木 正徳 氏(日揮株式会社取締役執行役員・前中小企業庁長官)
    近藤 史朗 氏(株式会社リコー代表取締役会長執行役員)
    西川 正男 氏(柏崎商工会議所会頭)
    会田 洋(柏崎市長)
    ファシリテーター 枝廣 淳子 氏(幸せ経済社会研究所所長)

写真:5人のパネラーと、ファシリテーターが壇上に座っています

  • 午後8時55分
    まとめ・閉会のあいさつ
  • 午後9時
    終了

資料

基調講演 平山氏資料(別ウィンドウで開きます)(PDF:7,476KB)

動画

アンケート結果

参加者の感想・意見などは、以下のPDFファイルをご覧ください。

アンケート結果概要(別ウィンドウで開きます)(PDF:251KB) 

開催報告書

実行委員会の記録やシンポジウムの概要などは、以下のPDFファイルをご覧ください。

2014年度「明日の柏崎づくり事業」報告書(別ウィンドウで開きます)(PDF:1,604KB)

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合企画部電源エネルギー戦略室 

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2324

ファクス:0257-24-7714

柏崎市では持続可能なまちを目指すために、平成24年度から「明日の柏崎づくり事業」に取り組んでいます。
平成26年度は各界でご活躍されている「かしわざき大使」の方々とともに、柏崎の産業構造の現状や内外の動向を確認し、今後の柏崎の地域経済・産業の可能性について考えるシンポジウムを開催しました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?