ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > ひとり親家庭の支援 > ひとり親家庭および寡婦の方に、無利子か低利で貸し付けをしています(母子・父子・寡婦福祉資金貸付金)

ここから本文です。

更新日:2015年3月17日

ひとり親家庭および寡婦の方に、無利子か低利で貸し付けをしています(母子・父子・寡婦福祉資金貸付金)

母子家庭、父子家庭、寡婦の方が経済的に自立できるよう、新潟県が貸し付けを行っています。

子どもの進学や修学、母親や父親の技能習得など、使途に合わせて12種類の貸し付けがあります。

貸し付けの種類

  • 子どもの就学のための資金(修学資金、就学支度資金)
  • 母または父の事業のための資金(事業開始資金、事業継続資金)
  • 母または父の技能習得のための資金(技能習得資金)
  • 子どもの技能習得のための資金(修業資金)
  • 母または父、20歳未満の子どもの就職のための資金(就職支度資金)
  • 医療または介護を受けるための資金(医療介護資金)
  • 生活費に関する資金(生活資金)
  • 住宅に関する資金(住宅資金、転宅資金)
  • 子どもの結婚のための資金(結婚資金)

対象者

以下のいずれかに当てはまる方が対象です。

  • 20歳未満の子どもを扶養している、ひとり親家庭の母または父
    ひとり親家庭の母・父とは、以下のいずれかに当てはまる方です。
    • 配偶者が死亡、または配偶者と離婚した方
    • 配偶者の生死が不明、または配偶者から遺棄されている方
    • 法令により長期間拘束されている、または配偶者が海外にいてその扶養を受けられない方
    • 配偶者が体または精神の障がいにより長期間働けない方
    • 独身で母または父になった方で、現に婚姻していない方
  • ひとり親家庭の母や父が扶養している20歳未満の子ども、または20歳以上の子ども(ひとり親家庭の母や父が、20歳未満の子どもも扶養している場合に限る)
  • 寡婦(かつてひとり親家庭の母で、現在も配偶者がいない方)、または寡婦が扶養している20歳以上の子ども。ただし、子どもを扶養していない場合は所得制限があります
  • 40歳以上の配偶者のいない女性で、ひとり親家庭の母および寡婦以外の方。ただし、子どもを扶養していない場合は所得制限があります
  • 父母のいない20歳未満の子ども

申請先、お問い合わせ先

柏崎地域振興局健康福部・柏崎保健所で、申請を受け付けています。

  • 住所:柏崎市鏡町11番9号
  • 電話番号:0257-22-4166
  • ファクス:0257-22-4190

※市役所1階福祉課総務係でも、相談や概要の説明を行っていますので、お問い合わせください。

 

特によくある質問

お問い合わせ

福祉保健部福祉課総務係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階

電話番号:0257-21-2234

ファクス:0257-21-1315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?