ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 柏崎市立博物館 > 博物館の催し > 平成30年度秋季企画展「古代三嶋郡の世界 ―奈良・平安時代のくらしと鉄生産」を開催します【終了しました】

ここから本文です。

更新日:2018年11月26日

平成30年度秋季企画展「古代三嶋郡の世界 ―奈良・平安時代のくらしと鉄生産」を開催します【終了しました】

古代「三嶋(みしま)郡」とは、現在の三島(さんとう)郡とは異なり、平安時代に設置された柏崎地域の郡名です。接地年代は不詳ですが、9世紀の半ば前後に、古志(こし)郡から分置・独立したとされています。しかし、郡内には、「三嶋郷」「高家(たかや)郷」「多岐(たき)郷」の3郷しかなく、郡の規模としては、5ランクの中で最小の「小郡」でした。

三嶋郡における奈良・平安時代遺跡の特徴とは、鉄生産関連遺跡が極めて濃厚に存在し、県内最大規模であったことです。

今回の企画展では、リニューアルした人文展示室(考古)の「平安時代製鉄遺跡」コーナーの理解をさらに深めることを目的とし、これらを支えていた人々のくらしを、官衙(かんが)や領主層の居宅、一般的なムラなどの遺跡について、発掘調査成果を基に写真パネルや出土品などから紹介します。

企画展「古代三嶋郡の世界-奈良・平安時代のくらしと鉄生産-」の概要

会期

平成30年10月13日(土曜日)~11月25日(日曜日)の午前9時~午後5時

※入場は午後4時30分まで。
※月曜日は休館日。(月曜日が祝日の場合はその翌日)

会場

柏崎市立博物館(特別展示室)

入場料

無料

※常設展示やプラネタリウムなどをご覧になる場合は、入館料が必要です。

展示遺跡の写真(一部)

大きな円形の穴が発見され、たくさんの土器が出土しました
深町遺跡(石曾根)

発掘されたたくさんの細い溝は、畠の畝の跡です
江ノ下遺跡(与三)

 

掘立柱建物跡は、発掘された柱穴が、方形に並んでいます
前掛り遺跡(新道)

大きな柱穴が長方形に並ぶ大型の掘立柱建物です
井ノ町遺跡(浜忠)

企画展報告会の概要【終了しました】

日時

平成30年11月4日(日曜日)午後1時30分~4時

会場

柏崎市立博物館(小ホール)

報告内容

「三嶋郡時代とその前後 ―郡設置の背景を求めて」

  • 報告者:品田髙志(柏崎市立博物館学芸員)

「柏崎地域の古代製鉄遺跡 ―三嶋郡下の鉄生産」

  • 報告者:平吹靖(柏崎市立博物館学芸員)

定員

50人(先着順)

※定員になり次第、締め切ります。

申し込み

平成30年11月3日(土曜日・祝日)までに、柏崎市立博物館にお申し込みください。

柏崎市立博物館

  • 電話番号:0257-22-0567
  • ファクス:0257-22-0568

企画展の展示解説【終了しました】

申し込みは不要です。開始時間までにお越しください。

日時

  • 10月14日(日曜日)、28日(日曜日)、11月18日(日曜日)の午後3時~
  • 11月4日(日曜日)の午後4時~

※時間はいずれも1時間程度を予定しています。

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会博物館文化学芸係

新潟県柏崎市緑町8番35号

電話番号:0257-22-0567

ファクス:0257-22-0568

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?