ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 柏崎市立博物館 > 博物館なんでも!まめ情報 > 公開展示「貸鍬(かしぐわ)」って知っていますか? 【当館所蔵・国登録民俗文化財の紹介】

ここから本文です。

更新日:2016年2月13日

公開展示「貸鍬(かしぐわ)」って知っていますか? 【当館所蔵・国登録民俗文化財の紹介】

雪国・越後が育んだ農具のレンタルシステム

鍬は、農家の必需品です。不思議なことに本県上・中越地方の農家では、この重要な鍬を自家では所有せず、鍛冶屋から貸し出してもらう「貸鍬(かしぐわ)」という慣行を江戸時代から続けてきました。

鍛冶屋は、農閑期になると貸し出し料として米(戦後は現金)を回収するとともに、必要があれば傷んだ刃先などを随時修理(メンテナンス)して、また翌春に農家へ貸し出すのです。積雪期に鍬を使用できない当地の農民にとって、むしろ合理的なレンタルシステムであったと言えます。

平成23年3月、当館所蔵の貸鍬関係資料266点が「越後の貸鍬用具」として国の登録有形民俗文化財に指定されました。

写真:床にたくさんの鍬が置かれています

写真:鍬の貸出先などを記した貸鍬帳が4冊並べてあります貸鍬帳

写真:鍛冶屋さんが貸し出す鍬に銘を打つ様子貸鍬に鍛冶屋の銘を打つ

貸鍬調査のこれまで

柏崎市立博物館では、昭和62年の特別展「柏崎の職人」を手始めに、貸鍬に関する調査および用具の収集・整理を継続的かつ集中的に行ってきました。その中心となったのが、三井田忠明氏(元館長・平成21年3月退職)です。

調査に関しては、平成9年に新潟県内の貸鍬に関する調査報告書『貸鍬慣行』を刊行しており、これは日本における貸鍬慣行の詳細な調査報告書としては唯一のものです。

用具の収集・整理に関しては、極めて困難な作業でした。通常、貸鍬を行う鍛冶屋は廃業する際に貸鍬帳を燃やし、貸鍬を農家に譲り渡してしまうことが多いためです。平成21年秋以降、文化庁の助言と指導を受け、あらためて三井田前館長とともに追加調査と資料収集を精力的に行ってきました。

4半世紀に及ぶ地道な調査・研究・収集作業が実を結び、一定量の収集・保管・整理をみるに至り、新潟県内では初めて、国の登録有形民俗文化財となりました。

写真:鍛冶屋での男性2人が用具を調査しています補充調査を行う三井田忠明氏(長岡市の白井鍛冶屋にて・平成22年9月)

写真:文化庁担当技官が机の上の資料を見ています文化庁担当技官の確認調査(当館にて・同22年8月)

写真:調査員が鍛冶屋の方に話を聞いています中栄鍛冶屋にて(小千谷市片貝・同22年3月)

参考資料

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会博物館文化学芸係

新潟県柏崎市緑町8番35号

電話番号:0257-22-0567

ファクス:0257-22-0568

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?