ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 柏崎市立博物館 > これまで行った特別・企画展など > 博物館の特別展 > 第65回秋季特別展「光と影の造形詩人・品川工」【終了しました】

ここから本文です。

更新日:2015年1月6日

第65回秋季特別展「光と影の造形詩人・品川工」【終了しました】

本展では、これまで本格的な紹介のなかった当市(港町)出身の品川工(たくみ)(明治41年・1908生れ)の人と芸術を、数多くの作品を通して広く市民に親しんでいただきました。
品川工は昭和10年(1935)、版画家・恩地孝四郎に師事しました。以後、木版画や写真を応用したフォトグラム、光の版画などの多彩で実験的な作品を制作し、昭和22年(1947)には国画会国画賞、日本版画協会賞を受賞しています。
また、食器や工具など身近な素材を使ったオブジェや楽しいモビールも数多く手がけ、そこには「光と影の芸術家」と呼ばれ、このジャンルを自由に超えた創作活動は平成21年(2009)に101歳で永眠するまで続きました。
写真:アトリエの中で座る品川工(1980年頃の様子)アトリエの品川工(1980年頃)
写真:版画「俳優」品川工の代表的な作品です版画「俳優」

写真:食器や工具を利用して作られた作品オブジェ「これはサギだ」

会期

平成25年10月5日(土曜日)~11月24日(日曜日)

入場料

大人500円・高校生大学生200円・中学生以下無料

展示品

品川工の作品(版画65点・オブジェ50点)

催し

講演会「品川工―光と影の芸術世界」

日時

平成25年10月5日(土曜日)午後1時30分~午後3時(当館小ホール)

講師

上山陽子氏(練馬区立美術館学芸員)

定員など

無料・定員50名

ワークショップ「ペーパークラフトのモビールづくり」

日時

平成25年10月6日(日曜日)午前9時30分~正午(エントランスホール)

講師

上山陽子氏(練馬区立美術館学芸員)

定員など

無料・定員40名

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会博物館文化学芸係

新潟県柏崎市緑町8番35号

電話番号:0257-22-0567

ファクス:0257-22-0568

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?