ホーム > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習 > 地域の学校応援団! 学校支援地域協力本部事業 > 学校・家庭・地域が連携する「学校支援地域本部事業」

ここから本文です。

更新日:2018年5月1日

学校・家庭・地域が連携する「学校支援地域本部事業」

「学校支援地域本部事業」とは

画像:子どもから年配の方まで、男女問わず、笑顔で肩を組んでいるイラスト学校支援地域本部は、学校・家庭・地域が一体となった組織です。

柏崎では、子どもたちが安心して学校生活を送れるように、学校・家庭・地域が協働で子どもたちを見守っています。

地域の方が学校支援ボランティアになり、子どもたちの登下校時のサポート・学習支援・生涯学習など、さまざまな活動を行ってます。

地域コーディネーターの皆さんが活躍しています

地域コーディネーターとは、学校活動が円滑に進むように、学校と学校の支援に意欲的な保護者や地域住民などの学校支援ボランティアとをつなぐ、総合的な連絡・調整を担う皆さんのことです。

柏崎市では、全ての学校区に地域コーディネーターを配置し、地域ぐるみで支援活動を行っています。

各学校区での活動を紹介します!

学校支援地域本部事業は、中学校区ごとに行っています。それぞれの地域の特色に合わせた活動を行うことで、子どもたちが地域を知るきっかけになっています。また、地域の方と交流することで、子どもたちの社会性を育てる場にもなっています。

 未来の柏崎を担う子どもたちを育てる会(第一中学校区)

第一中学校区は、市内で最も早い平成20年度から、学校支援地域本部事業を始めました。

サマーフェスタやコミセン祭りなどの地域行事に参加したり、小中高あいさつ運動、えんま市の後の早朝清掃などを行ったりしています。

これらの活動が評価され、平成26年度に文部科学大臣表彰を受賞しました。この受賞は、他の校区の活動の励みや、事業が活発に行われるきっかけになっています。

第一中学校区の主な活動一覧

  • サマーフェスタ・コミセン祭り・敬老会などへの参加
  • 小中高あいさつ運動
  • えんま市後の早朝清掃
  • 小学生対象の学習補助(読み聞かせ、クラブ活動の補助)
  • 中学生対象の学習補助(地域の先生、サツマイモ作り、収穫祭での焼き芋・豚汁作り)
  • ヤギの世話、芋や大根作りの指導
  • 環境整備(プランター作り・図書の整備・生け花)

▼プランター作り(環境整備)
写真:長方形の白いプランターに花の苗を植えていくボランティアの方を、周りにいる体操着姿の中学生が見つめています

▼収穫祭での焼き芋作り
写真:炭になったもみ殻の中から、アルミホイルに包んだサツマイモを取り出すボランティアの方と、軍手をはめて手伝う中学生

ページの先頭へ戻る

 比角地区学校支援会(第二中学校区)

第二中学校区では、地域の方が「畑の先生」となり、子どもたちに野菜の植え方や育て方を教えています。

また、子どもたちはボランティアの皆さんに、郷土料理の一つである笹団子づくりも教わっています。

この他に、地域の方が地域探検やスキー教室に引率として参加したり、家庭科の裁縫の授業に参加し、玉どめや玉結びなどの指導をしたりしています。

第二中学校区の主な活動一覧

  • 「畑の先生」としての野菜植えの支援
  • 郷土料理(笹団子)づくりの支援
  • 地域探検における安全確保・引率
  • スキー教室での指導・支援
  • 家庭科の授業での、玉どめ・玉結びなどの指導・支援

▼トウモロコシとキュウリの苗植え(畑の先生)
写真:校舎の横に作られた畑で、トウモロコシの苗を両手で持って手元を見つめる子どもたちと、苗の植え方を教えるボランティアの男性

▼笹団子作り(郷土料理づくり)
画像:水で濡らせた笹の葉2~3枚を手に持ち、ヨモギのモチを中に包む子どもたちと、それを優しく見つめるボランティアの女性

ページの先頭へ戻る

 三中校区地域応援団(第三中学校区)

地域が広い第三中学校区では、米山小の「ふるさと遠足」、剣野小の「学校の森プロジェクト」、鯨波小の「鯨波の昔話語りべ教室」、大洲小の「安全マップ作り」など、それぞれの小学校で活動を進めています。

各コミュニティセンターも活動に協力し、地域ごとに特色ある活動をしています。

また、年に2回の合同会議を行い、各校の活動に関する情報を共有しています。

第三中学校区の主な活動一覧

  • 地域探検の事前準備や講師・引率など
  • 授業などでの学習支援・補助
  • プール清掃への協力
  • 野菜作り・笹団子作り
  • 安全マップ作り
  • 昔の遊びや茶道などの体験

▼植樹作業(学校の森プロジェクト)
写真:新しく植えられた苗木の根元をスコップでならす男性と、ホースや細長い棒を持って植樹を手伝う子どもたち

▼昔話を聞く子どもたち(昔話語り部教室)
写真:教室内に作られたステージの上のイスに座り、昔話を語るエプロン姿の女性と、その周りに座って昔話に耳を傾ける子どもたち

第三中学校区の地域コーディネーター・中山博迪(ひろみち)さんの声

毎年「ふるさと遠足」の企画をしています。米山地
区には歴史・文化・自然の宝がたくさんあります。

子どもたちが、この宝を自分の目で見て、ふるさとの良さに気付いてほしいと思っています。

写真:スーツに青色系の柄のネクタイをしている中山博迪さん

ページの先頭へ戻る

 ふるさとサポート応援団(鏡が沖中学校区)

鏡が沖中学校区では、学校支援ボランティアの皆さんが、読み聞かせをしたり、畑作業や習字、俳句などを指導したりしています。

クラブ活動にも参加し、絵手紙、将棋、華道、茶道などを教えています。

子どもたちが地域のお宝探しで関町の十王堂を訪れたときも、学校支援ボランティアの皆さんが、十王堂や木喰仏の説明をしました。

鏡が沖中学校区の主な活動一覧

  • サツマイモやジャガイモなどの野菜作りの支援
  • 田植えなどの指導
  • ソバ作り体験
  • クラブ活動の指導
  • 児童への読み聞かせ
  • 書道や俳句、華道などの指導
  • 地域探検の引率・講師

▼将棋の指導(クラブ活動)
写真:放課後の教室で、机に将棋盤を置き、駒の動きを見せる男性と、それを見つめる3人の男の子

▼十王堂の見学(地域のお宝さがし)
写真:木製の棚に並ぶ閻魔様などの仏像を、手で示しながら紹介する男性と、畳に座り、仏像を見つめる紅白の帽子をかぶった子どもたち

ページの先頭へ戻る

 みずほサポート倶楽部(瑞穂中学校区)

瑞穂中学校区では、学校ごとにさまざまな活動をしています。

瑞穂中学校では、長期休暇や放課後などに補充学習会を行い、生徒の学びをサポートしています。

槇原小学校は、緑のカーテンなどの環境整備や水泳指導を主に行っています。

日吉小学校では、米作りの指導や「冬の3・3・3祭り」に、学校支援ボランティアの皆さんが参加しています。

中通小学校では、読み聞かせや「ふれあいフェスタ」に、学校支援ボランティアの皆さんが参加しています。

瑞穂中学校区の主な活動一覧

  • 数学と英語の補充学習会
  • 緑のやグラウンドの整備(環境整備)
  • 水泳の指導
  • 米作りの指導
  • 餅つきや繭玉づくりの指導(冬の3・3・3祭り)
  • 児童への読み聞かせ
  • ふれあいフェスタの体験講座の計画・講師

▼紙芝居の読み聞かせ
写真:机とイスを端に寄せ、教室の真ん中に座る子どもたちに、「へび塚かえる塚」という紙芝居を読み聞かせるボランティアの女性

▼コマ作り体験講座(ふれあいフェスタ)
写真:ブルーシートの上に座り、カッターで木の板を削って形を整えていく3人の男の子と、作業着姿の講師の男性

ページの先頭へ戻る

 浜っ子を育てる会(松浜中学校区)

松浜中学校区では、小・中学生の子どもたちと地域の方が、荒浜海岸の清掃をしています。また、学校支援ボランティアの皆さんは、年間を通して、荒浜小学校児童の登下校の見守りをしています。

荒浜小学校の3年生が、地域の学習の一環で、郷土料理「のっぺ汁」作りに挑戦したときも、地域の食育推進委員の方が調理を指導しました。

松浜中学校区の主な活動一覧

  • 子どもの見守り活動
  • 屋外施設の整備作業
  • 荒浜海岸の清掃
  • 郷土料理(のっぺ汁)作りの指導

▼登下校の見守り
写真:ランドセルを背負って歩く子どもたちの列の前後を、「浜っ子サポーター」と書かれた緑色の安全ベストを着て歩くボランティアの方々

▼のっぺ汁作り
写真:学校の調理室で、鍋やボウルなどの道具を見ながら、エプロン姿の子どもたちに調理の手順を教える女性

ページの先頭へ戻る

 南中学校区ネットワーク会議(南中学校区)

新道柿の栽培に力を入れている南中学校区では、学校支援ボランティアの皆さんがサポートし、子どもたちが新道柿の栽培・収穫体験をしています。

学校支援ボランティアの皆さんは、校外での活動だけでなく、探検遠足やクラブ活動指導(グラウンドゴルフ・ゲートボール・陶芸・ペタンク)、読み聞かせ、交通安全指導などもしています。

南中学校区の主な活動一覧

  • 野菜の栽培指導
  • 地域探検の指導・引率など
  • 新道柿の栽培・収穫などの指導
  • 田植えや稲刈りなどの指導
  • 花の苗植えの補助
  • クラブ活動の指導(グラウンドゴルフ・ゲートボール・陶芸・ペタンク)
  • 読み聞かせ
  • 交通安全の指導

▼新道柿の品質や等級の説明を受ける児童
写真:黒いポロシャツ姿の男性が片手に柿を持ち、それを指さしたり身を乗り出して見つめたりする子どもたち

▼クラブ活動の指導(ペタンク)
写真:赤・青・黄色のボールを床に置き、ペタンクの説明をする男性と、白いティーシャツに水色のハーフパンツ姿で説明を聞く中学生

ページの先頭へ戻る

 East~子どもいきいきネットワーク~(東中学校区)

東中学校区では、図書教育に力を入れています。子どもたちは、図書館の正しい使い方を学んだり、ブックコート講習会で本の整備を学んだりしました。

この他にも、校外学習・米山登山・地域探検・書初め大会の支援、家庭科や書写授業の補助など、さまざまな場面で学校支援ボランティアの皆さんが活躍しています。

東中学校区の主な活動一覧

  • 校外学習・地域探検活動の支援
  • 米山登山の支援
  • 図書館の使い方や図書整備の指導
  • ブックコート講習会
  • 全校書初め大会の支援
  • 家庭科・書写の授業の補助
  • グラウンド脇緑地地帯の伐採、枝打ち作業(環境整備)

▼地域探検
写真:白い帽子に青い体操着を着た子どもたちが、指さしたり見つめたりする先を、一緒に見ながら話をするボランティアの男性

▼図書整備の指導
写真:学校の図書室に集まり、市立図書館の男性職員の話を聞く子どもたち

東中学校区の地域コーディネーター・月橋照子さんの声

北鯖石小学校で、図書利用に関する指導や読み聞かせ、図書環境の整備に力を入れてきました。

子どもたちの図書への関心が徐々に高まり、うれしく思っています。

写真:白いタートルネックの長そでに、灰色のベストを着て、学校の図書室で笑顔をみせる月橋照子さん

ページの先頭へ戻る

 鯖石の未来応援団(第五中学校区)

第五中学校区では、学校支援ボランティアの皆さんが写真スケッチや地域の昔話、まゆ玉飾りなどの講師をしています。特に地域に伝わるカッパ伝説に、子どもたちは興味を持ちました。

この他にも、保育園児と一緒に花の苗植え作業を行ったり、地元JAの協力で土垂(どたれ)芋の収穫や新メニュー作ったりしました。

第五中学校区の主な活動一覧

  • 写真スケッチクラブの講師
  • 地域の昔話の講師
  • 土垂芋の収穫や新メニューづくり
  • まゆ玉飾りの講師
  • 保育園児とのプランターづくり(花いっぱい運動)

▼土垂芋の新メニューづくり
写真:エプロンと三角巾をつけた中学生たちが、なれない手つきでサトイモの皮を剥いたり、一口大にサトイモを切ったりしています

▼繭玉づくり
写真:小学校の調理室に運び込んだ木の枝に、色とりどりの繭玉飾りを取り付けていくボランティアの男性と小学生たち

ページの先頭へ戻る

 ふるさと北条プロジェクト(北条中学校区)

北条中学校区では、いにしえロード探検、ふるさと探訪ウオーキングなど、地域を学ぶ活動を行っています。

地域を学ぶ活動以外にも、コミュニティまつりやクリーン活動、クラブ活動など幅広い活動をしています。旧北条小学校の跡地で行うサツマイモ栽培では、子どもたちは苗を植えるときのポイントなどを、地域コーディネーターの方から教わりました。

北条中学校区の主な活動一覧

  • 稲作体験活動の協力
  • いにしえロード探検・ふるさと探訪ウオーキングの打ち合わせなど
  • サツマイモの栽培・収穫など(旧北条小学校跡地の利用)
  • コミセンまつりへの参加
  • クリーン活動への協力など
  • カリキュラム編成への打ち合わせ、意見交換など(地域と共につくるカリキュラム)
  • クラブ活動の協力・打ち合わせなど
  • そば打ち体験への協力

▼サツマイモの苗植えの説明
写真:畑の前でサツマイモの苗を持ち、小学生たちにサツマイモの植え方を説明する作業着姿の男性

▼「地域と共につくるカリキュラム」会議
写真:テーブルを囲み、大きな紙に印刷された学習プログラムを見ながら、意見を出し合う3人の女性

北条中学校区の地域コーディネーター・戸田洋子さんの声

学校が地域学習を効果的に進めるお手伝いをしてい
ます。学校の先生の指導力は高く、北条地区にある素材を的確に活用し、狙いに沿った授業をしています。

子どもたちの学んだことが、地域づくりの活動に生かされてほしいと思います。

写真:黒いタートルネックに灰色のワンピースを着て、事務室のイスに座る戸田洋子さん

ページの先頭へ戻る

 高柳・地域で子どもを育てる会(高柳中学校区)

商店街のシャッターアートがある高柳中学校区では、ものづくり体験の一環で、子どもたちが「壁画アート」を制作しました。

また、地元JAや学校支援ボランティアの指導で米作り体験も行っています。

この他にも、高柳小学校はクラブ活動で、地域に伝わる四半的弓道を行っています。子どもたちが、地域の伝統文化に触れる機会になっています。

高柳中学校区の主な活動一覧

  • 米作り体験(田植え・稲刈り・脱穀・もみすりなど)
  • 高柳探検の協力
  • 花の苗植え(花いっぱい運動)
  • あいさつ運動
  • 栗拾いなど、里山での活動
  • ものづくり体験の協力
  • 大豆・落花生の収穫の協力
  • スキー学習の協力
  • 四半的弓道の指導(クラブ活動)

▼米作り体験(稲刈り)
写真:刈ったばかりの稲を抱え、体をひねってワラのヒモで結ぼうとする男の子と、それを笑顔で見守る年配の女性

▼四半的弓道の指導(クラブ活動)
写真:体育館に敷いたゴザの上に正座をし、黒い弓と矢を手に持つ女の子たちと、構え方を教えるボランティアの男性

ページの先頭へ戻る

 西山っ子をはぐくむ会(西山中学校区)

西山中学校区では、各コミュニティセンターと西山ふるさと館で、長期休暇中に「一人学びクラブ」を行い、大学生などのボランティアが、子どもたちの学習の支援をしています。

また、各小・中学校が連携して、新潟県防災教育プログラムを取りまとめました。作成したファイルは、各コミュニティセンターと全地区に届けました。

西山中学校区の主な活動一覧

  • 学習補助(西山一人学びクラブ)
  • エアロビクスの講習・発表会(西山健康・体力づくり講座)
  • 防災教育プログラムの取りまとめ・配布
  • 避難訓練(西山防災教育講座)

▼一人学びクラブ
写真:和室に長机を並べ、子どもたちが教科書やノートを広げて勉強をしています。ボランティアの大人たちは子どもたちに助言をしています

▼クロスロードゲーム(防災教育)
写真:緑色の安全ベストを着た防災士の男性が手を挙げると、紅白の帽子をかぶった子どもたちも、それに合わせて手を挙げています

西山中学校区の地域コーディネーター・伊比 智さんの声

「西山学」という独自の形で「一人学びクラブ」「健康体力づくり」「防災教育」などに取り組んでいます。

まちづくりは人づくり。この活動が将来、地域の宝になると感じています。

写真:黒いワイシャツに灰色のジャケットを着た伊比智さん

あなたの知識・経験・特技で、子どもたちと一緒に活動しませんか

「学校支援地域本部事業」に興味のある方は、気軽に文化・生涯学習課にお問い合わせください!

学習や部活動の支援、環境整備、登下校の見守り、学校行事の手伝いなど、参加の仕方はさまざまです。持っている資格だけでなく、伝統文化や音楽、芸術、スポーツ、料理、庭仕事などの知識・経験・特技も生かせます。

子どもたちを地域全体で育てるために、皆さんの積極的な参加をお待ちしています。住んでいる地域だけでなく、どの地域でも活動できます。地域の子どもたちの役に立ちたいという思いのある方、ぜひ一緒に子どもたちと活動しましょう!

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会文化・生涯学習課企画管理係

新潟県柏崎市東本町1丁目3番24号 市民プラザ

電話番号:0257-20-7500

ファクス:0257-22-2637

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?