ホーム > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習 > 生涯学習関連の講座・教室 > 家庭教育 > 平成29年度なぎさ体験塾を開催しました

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

平成29年度なぎさ体験塾を開催しました

「なぎさ体験塾」は、東京都東村山市(柏崎市と姉妹都市)と小平市の小学生が、柏崎市の子どもたちと海辺のスポーツなどを体験しながら、3泊4日を一緒に過ごす、交流・体験型のイベントです。

子どもたちは、元気いっぱい、柏崎の海を楽しみながら、お互いの絆を深めました。

 

写真:赤い帽子のライフセーバーと、おそろいの帽子をかぶった参加児童やスタッフの集合写真。

なぎさ体験塾の開催概要

  • 開催期間:平成29年8月20日(日曜日)~23日(水曜日)
  • 開催場所:中央海水浴場(1日目)、番神海水浴場(2日目)、石地海水浴場(3日目)
  • 宿泊場所:シーユース雷音(らいおん)
  • 参加児童数:東村山市33人、小平市20人、柏崎市17人

1日目の活動内容(8月20日)

1日目は、柏崎の子どもたち全員で、東京の子どもたちをお出迎え!初めて会う仲間たちに緊張の面持ちでした。

合流後は、班ごとにわかれて、自己紹介や役割分担をし、昼食を食べる頃には打ち解けて、笑顔がたくさん見られるようになりました。午後からのライフセービングでは、2人1組のバディを組んで救助の仕方を教わったり、パドルボードを体験しました。夜の名刺交換会は、手作りの名刺を交換し合い、さらに仲よくなれました。

ライフセービング

写真:黄色の1メートル程の長さの救助用ボードをもって海に入る子どもたち

救助を体験。バディのもとへ急げ!

写真:水面を、水色や黄色の救助用サーフボードを、手でこいで、楽しんでいる女の子たち。

手の力だけでもスイスイ進みます。

名刺交換大会

写真:お互いの顔を見合わせて笑いあいながら名刺を交換している女の子と男の子。

たくさんの笑顔があふれました!

 写真:眼鏡をかけた髪の長い女の子が、名刺の束を手に持ち、一枚一枚眺めている。

個性あふれるオリジナル名刺にくぎづけです。

2日目の活動内容(8月21日)

2日目は、磯辺の生物観察・シーカヤック・バナナボート・シュノーケリングを班ごとに交代で体験しました。珍しい体験が満載で、大喜びの子どもたち。真っ黒に日焼けするまで全力で楽しみました。

夜は、シーユース雷音のテラスでバーベキューをしました。

磯辺の生物観察

写真:岩場をのぞき込む男の子と、隣で水中に潜ってのぞき込んでいる男の子。

「つかまえられるかな?」

写真:つかまえた海の生き物を入れたオレンジ色のバケツをのぞき込む、男の子と女の子たち。

いろいろな生き物を見つけました!

シーカヤック

写真:黄色のシーカヤックに乗りこむ女の子と、カヤックを引っ張って手助けする女の子。

バディの協力で、いざ出航!

写真:遠くの波消しブロックに向かって、シーカヤックをこぎ出す子どもたち。

穏やかの海を自由に進みます。

バナナボート

写真:水しぶきをあびながら、水上バイクにひっぱられて、高速で進むバナナボートにまたがっている子どもたち。

スリル満点です!

写真:青いバナナボートにまたがり、緊張した表情で、動き出すのを待つ子どもたち。

持ち手をしっかりつかんで緊張の面持ち。

シュノーケリング

写真:シュノーケルをつけて、水面に顔をつけて使い方の練習をしている男の子たち。

呼吸の仕方の練習中。

写真:水中メガネをつけた女の子2人が、水中でピースサインをして笑っている。

海はこんなに澄んでいました!

3日目の活動内容(8月22日)

3日目は、ライフセーバーの方々と、ビーチフラッグスやビーチバレーなどの浜遊びを体験しました。海での活動の最終日。子どもたちは、砂まみれになりながら、めいっぱい楽しんでいました。

夜の星座観察は、夏の夜空に見える星や、各国の月の見え方などを学び、タブレットで見る星座アプリに興味津々でした。

浜遊び

写真:砂浜を走っている男の子たちのひとりが、砂にささっているバトンをつかみ取るところ。

全力疾走!ビーチフラッグス。

写真:先頭の女の子が、つかんで引き抜こうとしているバトンに、後続の女の子2人が、必死に手を伸ばしている。

大接戦でした。

 

写真:海の中で、ライフセーバーの男性から、ボードを借りている4人の女の子。

「ライフセーバーさんも一緒にあそぼ!」

写真:遠浅の海の中でビーチバレーや水遊びを楽しむ子どもたち。

遠浅の海を思い思いに楽しみました。

星座観察

 

写真:女の子が上にかざしているタブレットの画面を、見上げている男の子たち。

「プラネタリウムみたいだね。」

写真:上にかざしたタブレットを、真剣に見上げる男の子

「どんな星座がみえるかな?」

4日目の活動内容(8月23日)

最終日は、宿泊先のシーユース雷音から市民プラザまで徒歩で移動し、波のホールで活動・昼食の後、閉講式を行いました。

午前中の活動は、4日間の振り返りや感想文などの班活動と、レクリエーションを行いました。サイン会では、なぎさ体験塾で使った帽子にお互いのサインを書きあい、思い出いっぱいの帽子が完成しました。

最後は、東京に帰る東村山市と小平市の子どもたちを、柏崎の子どもたちがバスが見えなくなるまで見送りました。4日間で絆を深めた仲間との別れに、お互いに涙を流しながら、手を振っていました。

帽子サイン集め大会

写真:髪の長い女の子が、友達のぼうしにサインを書いている。

「かわいいサイン考えてきたよ♪」

写真:青い帽子に、お互いにサインを書き合う男の子。

サインがたくさん集まりました。

お見送り

写真:走り出すバスに向かって、道沿いに並んで手を振る大勢の子どもたち。

バスが見えなくなるまで、見送りました。

写真:バスの窓から手を伸ばし、窓の外の男の子の手をタッチしようとしている。

「また来年も会えるといいね!」

 

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会文化・生涯学習課学習推進係

新潟県柏崎市東本町1丁目3番24号 市民プラザ

電話番号:0257-20-7500

ファクス:0257-22-2637

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?