ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 子どもに関する手当・助成 > 未熟児養育医療給付制度のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2016年2月16日

未熟児養育医療給付制度のお知らせ

体の発育が未熟なままで生まれ、指定されてた医療機関で入院を必要とする乳児に対して、治療に必要な医療費の一部を市が負担します。

未熟児養育医療給付制度のご案内(別ウィンドウで開きます)(PDF:206KB)

※マイナンバー制度の導入により、平成28年1月から申請時に個人番号の記入と窓口に来られる方の本人確認が必要となります。対象となる方は「申請に必要なもの」をご確認いただき申請してください。

対象者

出生時体重が2,000グラム以下か、体の発育が未熟なまま出生した乳児で、指定養育医療機関の医師が入院治療を必要と認めた方。

給付の内容

入院中にかかる医療費のうち、保険診療分の自己負担分と食事療養費。

※保険診療外(差額ベット代や紙おむつ代、文書料など)の費用は対象外です。

申請方法

 申請に必要なもの

  1. 養育医療給付申請書(元気館子育て支援センターにもあります)
    養育医療給付申請書(別ウィンドウで開きます)(PDF:82KB)
    【記入例】養育医療給付申請書(別ウィンドウで開きます)(PDF:231KB)
  2. 養育医療意見書(病院(指定養育医療機関)に発行してもらってください)
  3. 世帯調書(治療を受ける乳児と生計を一にする世帯員全員の個人番号の記入が必要です)
    世帯調書(別ウィンドウで開きます)(PDF:181KB)
    【記入例】世帯調書(別ウィンドウで開きます)(PDF:210KB)
  4. 対象乳児の保険証
  5. 印鑑
  6. 治療を受ける乳児のマイナンバーカードか、通知カード(発行されていない場合は不要)
  7. 申請者のマイナンバーカードか、通知カードと写真付き身分証明書(運転免許証など)
  8. 治療を受ける乳児と同じ世帯の父母・祖父母など、世帯における扶養義務者全員の所得税額を確認できる書類
    所得税額等を証明する書類とは(別ウィンドウで開きます)(PDF:58KB)
    ※1~6月に申請の方は前年の1月1日に、7~12月に申請の方は当年の1月1日に、柏崎市に住所がある方は、申請書の同意欄に記入することにより所得に関する証明書類の提出を省略できます。

受け付け場所・日時

直接、元気館1階子育て支援センター元気子育て係にお持ちください。

元気館:子育て支援センター元気子育て係

  • 住所:新潟県柏崎市栄町18-26 元気館 1階
  • 電話番号:0257-20-4215
  • ファクス:0257-20-4201

受け付け日時

月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時15分

※元気館の開館日でも土曜日・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)は、受け付けていません。

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会子育て支援センター元気子育て係

新潟県柏崎市栄町18-26 元気館 1階

電話番号:0257-20-4215

ファクス:0257-20-4201

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?