ホーム > 柏崎市議会 > 議会の概要 > 柏崎市議会は通年議会です

ここから本文です。

更新日:2015年1月19日

柏崎市議会は通年議会です

通年議会とは?

議会が活動できる期間(開会から閉会までの期間)を会期といいます。
通年議会とは、会期を通年(丸1年間)とする議会です。
これまでは、会期はある一定の期間と定められ、それが終わると議会は閉会し、次の会期が来るまでは議会としての活動ができませんでした(若干の例外はあります)。
しかし、会期を通年とすることによって、常に議会が活動できる状態となるため、議会のさらなる活性化が期待できます。
柏崎市議会では、平成25年5月1日から通年会期制を採用しました。会期は、毎年5月1日から翌年の4月30日までです(改選や解散のあった年は除く)。

招集と会期

通年会期制では、4年に一度の改選後や、議会の解散による選挙の後の初めての会議のみ、市長が招集します(この場合は、議員の任期が始まってから30日以内に招集することと、地方自治法により定められています)。
一度招集された後は、柏崎市議会の会期などを定める条例に基づき、毎年5月1日になると自動的に会期が始まります。このサイクルは、議員の任期(4年)の間、継続します。

定例会議と随時会議

通年会期となっても、従来の定例会スタイルを踏襲し、年4回(2月、6月、9月および12月)、定期的に、まとまった期間に会議を開いて集中的に審議を行います。これら定期に開く会議を「○月定例会議」と呼びます。
また、定例会議以外で、必要がある場合に開く会議を「随時会議」と呼びます。

会議期間と休会

定例会議および随時会議を開く期間を会議期間と呼びます。
会議期間が終了すると、議会は「休会」し、次の会議を開く際は、休会状態から「再開」することになります。
再開は議長の権限であるため、議会側が主体的かつ迅速に会議を開けることになります。
なお、一般的な会議の行程は、次のとおりです。

〈休会〉→開催通知→〈再開〉→案件上程、提案説明、質疑、委員会付託→一般質問→委員会審査→委員長報告、討論、表決→〈休会〉
会議期間と休会のイメージ図

通年会期のイメージ図

通年会期は毎年5月1日から翌年の4月30日までです。定例会スタイルに準じ年4回定例会議を開いて審議し、それ以外の期間は休会します

通年議会関連例規

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

議会事務局 

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館5階

電話番号:0257-21-2340

ファクス:0257-22-8725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?