ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 市政運営 > 改元に伴う公文書の元号の取り扱い

ここから本文です。

更新日:2019年4月11日

改元に伴う公文書の元号の取り扱い

平成31(2019)年4月1日に「元号を改める政令」が公布され、新元号「令和」が5月1日から施行されることとなりました。

これに伴う当市の公文書の元号に取り扱いは、以下のとおりです。

4月中に発送する文書

平成31(2019)年4月中に作成し発送する文書は、新元号の施行前のため、5月以降の日付であっても「平成」の元号で記載します。

5月以降に発送する文書

平成31(2019)年5月1日以降に作成し発送する文書は、新元号の「令和」で記載します。

  • 事務処理の都合上、納税通知書や保険料通知書などの年度や納期限は、旧元号の「平成」で表記するものがあります。「平成」と表記された年度や納期限であっても、法律上の効果は変わりませんので、新元号「令和」の応当日に読み替えてご使用ください。市民の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。
  • 応当日の読み替えの例:平成32年3月31日 → 令和2年3月31日

 

 

特によくある質問

お問い合わせ

総合企画部総務課法務係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2330

ファクス:0257-32-3303

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?