ホーム > 原子力 > 市の動き > 広報かしわざき「アトム情報」 > 地下式フィルタベント設備設置の事前了解をしました(平成27年3月)

ここから本文です。

更新日:2015年3月15日

地下式フィルタベント設備設置の事前了解をしました(平成27年3月)

(広報かしわざき 2015年3月5日号掲載記事)

市は、2月3日に柏崎刈羽原発6・7号機の地下式フィルタベント設備設置の事前了解をしました。

フィルタベント設備とは

想定を上回る大事故発生時に、原子炉圧力容器を覆う格納容器が破損しないようにするための設備です。格納容器内の圧力・温度を下げるため、格納容器内の放射性物質をフィルターを通して低減した上で外部に排気します。

地上式+地下式でさらなる安全性向上を

画像:フィルタベント装置のイメージ平成25年12月24日、東京電力は、市に地下式フィルタベント設備設置の事前了解願いを提出しました。

東京電力は、地下式フィルタベント設備は自主的な安全性向上のための設備としています。市も、より安全性・信頼性を向上させる設備であると総合的に判断して、地上式フィルタベントと同じ以下の条件で、事前了解しました。

 

事前了解の条件

  • 新規制基準への適合が確認されること
  • 新規制基準への適合状況を市民に分かりやすく説明し理解を求めること
  • 運用方法について避難計画との整合性を図ること

事前了解までの経緯

平成25年7月5日

東京電力が、市に地上式フィルタベント設備設置の事前了解願いを提出

平成25年8月6日

市が事前了解

平成25年12月24日

東京電力が、市に地下式フィルタベント設備設置の事前了解願いを提出

平成27年1月22日

東京電力が、原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査の状況などを、柏崎市議会に説明し、市民への説明会を実施

平成27年1月23日

市長が原子力規制庁を訪問し、地下式フィルタベント設備の有効性について担当者と意見交換

特によくある質問

お問い合わせ

危機管理部防災・原子力課原子力安全係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2323

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?