ホーム > 原子力 > 市の動き > 広報かしわざき「アトム情報」 > 市長が新潟県知事・刈羽村長と意見交換を行いました(平成29年3月)

ここから本文です。

更新日:2017年3月3日

市長が新潟県知事・刈羽村長と意見交換を行いました(平成29年3月)

2月1日(水曜日)、市民プラザで、知事・村長・市長が柏崎刈羽原子力発電所に関する諸課題を話し合いました。

この話し合いは、前知事時代の平成22年4月12日以降、行っていませんでした。市長が初めて知事と面談した際に「原子力発電所を巡る問題の3者会談を定期的に行うこと」を要望し、約7年ぶりに行われました。

市長は 1.原子力災害対策特別措置法の問題 2.避難道路の除雪体制や整備体制 3.安全協定に関すること 4.核燃料税の配分に関することの4点について、知事と意見を交わしました。

住民の安全・安心の確保が優先との考えで一致し、原子力発電所の重大事故に備えた避難計画の実効性を高めるため、県・市・村は協力して検証や訓練を重ねて行うことで合意しました。

写真:意見交換会後、記者の質問に答える県知事・刈羽村長・市長

記者の質問に応じる市長

写真:意見交換会で県知事・刈羽村長・市長が原子力発電所の意見を話し合っている様子

話し合いの様子

 

特によくある質問

お問い合わせ

総合企画部元気発信課情報発信係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階

電話番号:0257-21-2323

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?