ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室 > 記者会見 > 平成30年度の市長記者会見 > 市長定例記者会見概要(平成30年10月3日)

ここから本文です。

更新日:2018年10月4日

市長定例記者会見概要(平成30年10月3日)

市長定例記者会見(平成30年10月3日)のお知らせ

写真:観光パンフレットを広げながら説明をする市長

松雲山荘の紹介をする市長

写真:雪シンポジウムの説明をする市長

雪シンポジウムの紹介をする市長

以下の「定例記者会見」で、概要をご覧いただけます。

※報道機関との質疑応答を追加しました。

定例記者会見(別ウィンドウで開きます)(PDF:649KB)

市長記者会見インターネット録画配信

市長記者会見の録画映像を「YouTube柏崎市公式チャンネル」でご覧いただけます。

YouTube柏崎市公式チャンネル(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

発表事項

米山プリンセスがデビュ― ―柏崎市認証米「米山プリンセス」試食会

柏崎市の認証米、米山プリンセスの試食会を10月27日に産業文化会館で行います。特別招待者の5ツ星お米マイスターの澁谷さんは、米だけでなく、穀物の6大資格の所有者と伺っています。みやじ豚の宮治さんも有名な方と聞いています。東洋ライスの阪本さんも手広くお米の販売をしています。阿部さんは、市内のお米屋さんで、澁谷さんと同じように五ツ星お米マイスターです。

市内の招待者は、JAの今井長司さんなど9人です。皆さん発信力のある方ですので、米山プリンセスを紹介してもらえるとありがたいです。

首都圏の試食会・販売会は、11月1日にGINZA SIX、11月10日~11日に東村山市民産業まつり、11月16日に東京東信用金庫のビジネスフェアを予定しています。

認証米の申請期限は、10月末日です。認証された米はまだありませんが、遅い刈取りの方が、レベルの高い米ができると思われます。認証がゼロということはないと考えていますので期待して待っています。

(主管:農政課 電話番号:0257-21-2295)

資料:米山プリンセスがデビュ― ―柏崎市認証米「米山プリンセス」試食会(別ウィンドウで開きます)(PDF:147KB)

地方版IoT推進ラボに「柏崎市IoT推進ラボ」が選定されました

IoT推進ラボの認定証を読み上げます。「貴ラボは地域経済の発展と推進に資するIoTプロジェクト創出のための取組と認められるためここに「地方版IoT推進ラボ」として選定されたことを証します」。9月7日付けで、世耕(せこう)経済産業大臣とIoT推進ラボ座長の冨山和彦さんの名前が書かれた認定証をもらいました。世耕大臣は、今回の内閣改造で、引き続き大臣をしますので、非常に心強いです。

柏崎の基幹産業は、製造業、工業です。人手不足と技術の継承が課題となっていて、IoT技術が必然として求められています。IoT推進ラボの主な取り組みは、AI、IoTの技術を導入するものづくり企業への支援、サプライチェーン全体の最適化を目指した実証実験、ITパスポートやITコーディネーターの取得者を養成する人材育成です。市内の各企業と大学が産学連携をしてものづくり産業を支援します。

新潟県もIoT推進ラボに取り組んでいます。県と市の事業メニューにダブりはありません。県のメニューとも連携をしながら柏崎市のIoT推進ラボを進めていきたいと考えています。柏崎には、ソフトパーク構想からの長い歴史があります。その歴史が国にも認められて、この新しい取り組みが選定されたと理解をしています。

(主管:ものづくり振興課 電話番号:0257-21-2326)

資料:地方版IoT推進ラボに「柏崎市IoT推進ラボ」が選定されました(別ウィンドウで開きます)(PDF:223KB)

資料:柏崎市IoT推進ラボ(別ウィンドウで開きます)(PDF:139KB)

球のまち柏崎からみんなで水球を元気にしたい! ―ふるさと納税で柏崎から2020東京オリンピック日本代表選手を輩出!

リオオリンピックには、柏崎から4人の選手が出場しました。東京オリンピックも柏崎から多くの選手に出場してもらいたいので、選手の育成強化として、ガバメントクラウドファンディングに取り組みます。水球のまち柏崎からみんなで水球を元気にしたい。ふるさと納税で柏崎からオリンピック選手を輩出したいということです。

このガバメントクラウドファンディングの返礼品はありません。その代わり、皆さんのお気持ちを選手強化に使わせてもらいます。目標は、200万円です。200万円のうち170万円を選手強化費に、残り30万円を小学1年生のランドセルカバーに水球を応援するイラストを入れるために使います。小学1年生のランドセルカバーで、水球をPRしながら皆さんで東京オリンピックへの水球選手の輩出を応援していこうということです。

他の自治体のガバメントクラウドファンディングを紹介します。東京都世田谷区は、競技施設のバリアフリー化。墨田区は、地域活性化プロジェクト。長野県松川町は、コスタリカへ高校生を派遣。京都府亀岡市は、空手を通じた国際交流。島根県奥出雲町は、ホッケーで世界を目指す子どもたちを応援ということです。

(水球のまち推進室 電話番号:0257-41-4020、主管:元気発信課 電話番号:0257-21-2311)

資料:水球のまち柏崎からみんなで水球を元気にしたい! ―ふるさと納税で柏崎から2020東京オリンピック日本代表選手を輩出!(別ウィンドウで開きます)(PDF:166KB)

この秋柏崎の魅力に出会う 職・ものづくり・暮らしのセミナーを開催

この時期、いよいよ就職活動も終盤になってきました。また、来年度のスタート時期でもあります。
10月26日、市内の企業と県内大学・専門学校との情報交換会を行います。大学は11校、専門学校は9校、企業は29社が参加予定です。同様の情報交換会はこれまで、県、新潟市、長岡市、三条市、燕市で開催しました。

10月27日の柏崎ライフスタイルカフェは、東京都江東区のリトルトーキョーで行います。(株)サイカワ、(株)酒井鉄工所の社長・社員が柏崎の製造業について話します。柏崎に戻って、製造業に携わるきっかけづくりになればと思います。希望者には、後日、市内の企業見学のサポートをします。

U・Iターンの相談窓口は、市役所とフォンジェ地下のU・Iターンのスペースがあまり機能していません。私は何回かフォンジェ地下のU・Iターン情報ステーションに行き、買い物に来るおばあちゃんたちに「あんたんちの孫、柏崎に戻って来ねえかね」と誘いますが、なかなかピンとくる話はありません。首都圏に出向いて、首都圏に住む方にアプローチをする機会を意識して増やしていきたいと考えています。

10月28日は、ブリッジ新潟で最新の求人情報をもとに個別相談会を行います。また、有楽町駅前にあるふるさと回帰支援センターで「海のまち」柏崎U・Iターン出張相談会もあります。多くの方にお越しいただき、1人でも2人でもU・Iターンに結びつければありがたいです。

(主管:元気発信課 電話番号:0257-21-2311)

資料:この秋柏崎の魅力に出会う ―職・ものづくり・暮らしのセミナーを開催(別ウィンドウで開きます)(PDF:142KB)

チラシ:かしわざきライフスタイルカフェ2018(別ウィンドウで開きます)(PDF:8,109KB)

第34回雪シンポジウムin柏崎を開催

雪シンポジウムを11年ぶりに柏崎で開催します。今年は、豪雪でした。この豪雪で、除排雪経費がいつもより約6億円増えました。雪が降る自治体にとって、雪は、非常に切実な問題です。

基調講演は、(国研)防災科学技術研修所雪氷防災研究センター長の上石さんです。リレートークは、それぞれの立場の方が雪に関する話をします。

(主管:企画政策課 電話番号:0257-21-2321)

資料:第34回雪シンポジウムin柏崎を開催(別ウィンドウで開きます)(PDF:129KB)
チラシ:第34回雪シンポジウムin柏崎(別ウィンドウで開きます)(PDF:2,613KB)

行事予定

10月7日(日曜日)、岩之入公民館でインターン生の活動報告会を行います。これは、岩之入集落に8月から9月の1カ月間、3人のインターン生が岩之入集落で行ったインターンの活動報告です。

30回目の高柳の狐の夜祭りは、八尾のおわらの披露があります。

西山は、ゆうぎの秋祭り、軽トラ市があります。

四つの酒蔵による四っ蔵秋の晩酌セット、3年ぶりに開催する職人フェアは、大工さんなどの職人さんが夕日のドームに集まるフェアです。

美しい松雲山荘のリーフレットを紹介します。中を開くと松雲山荘と飯塚邸の秋幸苑と高柳の貞観園が3つ並べてあります。3つの庭をセットにして柏崎の秋を売り出したいと考えています。ちなみに松雲山荘は、某旅行雑誌で紅葉がきれいな庭の33選の1つに選ばれたという情報をいただきました。

10月28日(日曜日)の秋の収穫祭は、農業まつり、かしかり虹祭り、ぱくもぐフェアを一緒にしたイベントです。

イベント

定例記者会見の質疑応答

報道機関から受けた質問の項目は、以下の通りです。

  • 米山プリンセスに関する質問
  • 水球の選手に対するふるさと納税の支援に関する質問
  • ふるさと納税に関する質問
  • U・Iターン出張相談会に関する質問
  • 災害に対する備えに関する質問

質疑応答の詳しい内容は、市長記者会見での質疑応答(平成30年10月3日)をご覧ください。

定例記者会見の概要と質疑応答(印刷用)

平成30年10月市長定例記者会見の概要と質疑応答(別ウィンドウで開きます)(PDF:414KB)

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合企画部元気発信課情報発信係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階

電話番号:0257-21-2311

ファクス:0257-23-5112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?