ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成30(2018)年度報道発表 > 平成30(2018)年度3月報道発表 > 飯塚 元柏崎市長が逝去されました(平成31(2019)年3月5日報道発表)

ここから本文です。

更新日:2019年3月6日

飯塚 元柏崎市長が逝去されました(平成31(2019)年3月5日報道発表)

元柏崎市長 飯塚 正 氏が3月4日(月曜日)午後3時25分、90歳にて逝去されました。

ここに謹んでご冥福をお祈りします。

 

  • 通夜:平成31(2019)年3月7日(木曜日)午後6時30分~
  • 告別式:平成31(2019)年3月8日(金曜日)午前11時30分~(出棺 午後1時)
  • 会場:メモリーナおおとり本館(日吉町5-14 電話:0257-22-1313)
  • 喪主:飯塚 忍 様

主な公選経歴

  • 柏崎市長
    昭和62(1987)年4月30日~平成4(1992)年11月9日(2期・途中で辞職)
  • 柏崎市議会議長
    昭和50(1975)年5月23日~昭和54(1979)年4月30日(2期)
  • 柏崎市議会議員
    昭和34(1959)年5月1日~昭和62(1987)年4月19日(7期・途中で辞職)

市長コメント

第7代柏崎市長、元柏崎市議会議長 飯塚正様がご逝去なさいました。

謹んでお悔やみを申し上げます。

昭和44(1969)年3月10日、柏崎市議会において「原子力発電所実現に関する決議案」が可決されて以来、今年平成31(2019)年でちょうど50年であります。飯塚様がこの時期お亡くなりになられたことは感慨深いものがございます。

昭和52(1977)年10月、原発建設予定地内の柏崎市有地売却議案が提出された時、飯塚様は柏崎市議会議長でいらっしゃいました。いわゆる反対派による実力行使活動、そして機動隊の出動。議長として取り仕切られ、議案は可決されたわけであります。

歴代市議会議長の中でも一番難儀をされたと思われる飯塚様はその後市長となられ、原発誘致による地域振興に文字通り心血を注がれたわけであります。

いわゆる原発財源を使い、人材の育成、とりわけ新潟産業大学、新潟工科大学開学に向けたご尽力も特筆されるべきものであります。

「上水道事業」においても、時代の動きを冷静に見つめ、「第六次上水道拡張事業」に着手されたことも英断であります。いわゆる「六拡(ろっかく)」無かりせば、柏崎市民の生活の安定、経済の発展は無かったでしょう。

大胆にして繊細。義理人情に厚い市長でいらっしゃいました。

改めまして第7代柏崎市長飯塚正様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

柏崎市長 櫻井 雅浩

 

情報発信元:柏崎市総合企画部総務課(電話番号:0257-21-2330)

特によくある質問

お問い合わせ

総合企画部元気発信課情報発信係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階

電話番号:0257-21-2311

ファクス:0257-23-5112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?