ホーム > くらし > 生活環境 > 空き家・空き地 > 制度・お知らせ > 特定空家等の所有者に建物の解体撤去を命じました

ここから本文です。

更新日:2017年8月15日

特定空家等の所有者に建物の解体撤去を命じました

空家等対策の推進に関する特別措置法(空家法)第14条第3項の規定に基づき、平成29年8月15日付けで、特定空家等の所有者に対し建物の解体撤去を命じました。

空家法では、特定空家等の所有者に対する命令は、市の勧告を受けた特定空家等の所有者が正当な理由なくその勧告に係る措置をとらなかった場合で、特に必要があると認めるときに行うことができるとしています。

措置を命じた特定空家等

所在地

柏崎市荒浜四丁目6番1号

用途

居宅

措置の内容

建物の解体撤去

命ずるに至った事由

平成25年に本市が緊急安全措置として当該特定空家等を飛散防止用ネットで覆いましたが、その後に屋根に続いて2階部分が崩落し、1階外壁が倒壊するおそれが高くなっています。また、時間の経過とともに、設置した飛散防止用ネットが破損し始めており、建築資材が周辺に飛散し地域住民の日常生活に甚大な悪影響を及ぼすおそれがあるため、上記措置を命じます。

命令の責任者

柏崎市都市整備部建築住宅課長 吉岡 英樹

措置の期限

平成29年10月13日(金曜日)

特によくある質問

お問い合わせ

都市整備部建築住宅課指導係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 第二分館1階

電話番号:0257-21-2290

ファクス:0257-23-5116

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?