ホーム > まち・環境 > 交通 > 雪対策事業 > 地盤沈下抑制のため、地下水の節水をお願いします

ここから本文です。

更新日:2018年2月7日

地盤沈下抑制のため、地下水の節水をお願いします

地盤沈下は、主に地下水の過剰な揚水により、広い範囲にわたって地盤が下がる現象です。「一度下がると元に戻らない」という特徴があります。

柏崎地域の地盤沈下は、昭和62年に柏崎市が実施した調査で明らかになり、その後、県と柏崎市により監視を続けてきました。

平成6年度策定の「柏崎市地盤沈下防止対策基本指針」により、消雪用地下水の過剰くみ上げなどが原因となる地盤沈下の対策を実施してきた結果、著しい沈下傾向はみられなくなりました。

平成16年の中越地震と平成19年の中越沖地震では、大きな地盤変動を記録し、平成21、23、25年度の水準測量では、それぞれ2年間で4センチメートル以上の沈下が確認されました。

平成27年度の調査では、2年間で1.7センチメートルの沈下となり、沈静化の傾向がみられています。

  • 市では、引き続き対策地域内において、消雪パイプを新設しないことや、既存の消雪パイプのバルブ調節による節水を行っています
  • 節水のため、路面に多少の雪が残ることもありますが、皆さまのご理解とご協力をお願いします

地盤沈下抑制の必要性

地盤沈下により、構造物や地下埋設物の抜け上がりや傾きなどの直接的な被害をもたらすだけではなく、集中豪雨などによる浸水、堤防や水門などの破損に伴う海水や河川水の逆流による洪水被害など、併発的な被害ももたらします。

地球温暖化による集中豪雨の多発や海水面上昇などが懸念され、被害を拡大させないためにも地盤沈下防止対策は重要です。

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課環境政策係

柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)

電話番号:0257-23-5170

ファクス:0257-24-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?