ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 不妊治療 > 不妊で悩んでいる方へ ―特定不妊治療費を助成します

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

不妊で悩んでいる方へ ―特定不妊治療費を助成します

柏崎市では、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた夫婦に対し、経済的負担の軽減を目的に、県事業(新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業)に上乗せをして、治療費の一部を助成します。

市の助成を受けるには、県事業の助成の決定を受ける必要があります。まずは、新潟県(柏崎地域振興局健康福祉部)へ申請を行ってください。

病院からの証明書(新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書)は、県事業と市事業のそれぞれの申請時に必要ですので、申請の前に、コピー(1部)をお取りください。

対象者

特定不妊治療を受けた法律上の婚姻をしている夫婦で、次の全てに当てはまる方

  1. 特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、またはごく少ないと医師に診断された方
  2. 夫妻のいずれか一方が特定不妊治療の受療日および申請時に柏崎市内に住所を有する方
  3. 県事業(新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業)の助成を受けた方

助成内容

新潟県知事が指定した医療機関で実施した特定不妊治療(保険外診療)に要した費用から、県事業の助成額を差し引いた額の3分の2を助成します。

体外受精・顕微授精の治療ステージと助成対象範囲(別ウィンドウで開きます)(PDF:132KB)

※1回あたり10万円(治療区分C・Fは5万)を限度とします。

※特定不妊治療費には、県事業の男性不妊治療費も含みます。

市の助成額の計算方法

  • 市の助成額=(特定不妊治療に要した総治療費 - 県事業助成決定額)× 3分の2

申請の手順

  1. 病院から証明書(新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書)をもらいます
    ※証明書は県事業と市事業の申請に必要です。県の申請前に1部をコピーしてください。
  2. 県事業「新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業」に申請してください
  3. 県の決定通知書が届いたら、申請に必要な書類を、子育て支援課家庭支援班(元気館内)に提出してください

※県の事業「新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業(別ウィンドウで外部サイトへリンク)に関する詳細は、柏崎地域振興局健康福祉部(住所:柏崎市鏡町11-9、電話番号:0257-22-4112)へお問い合わせください。

申請に必要な書類

  1. 柏崎市特定不妊治療費助成事業申請書(第1号様式)(別ウィンドウで開きます)(PDF:73KB) ※申請書は、子育て支援課家庭支援班にもあります。
  2. 新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業助成決定通知
  3. 新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書(写し可)
  4. 医療機関などが発行した領収書・診療明細書(写し可)
  5. 印鑑

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども未来部子育て支援課家庭支援班

新潟県柏崎市栄町18番26号 元気館 1階

電話番号:0257-20-4215

ファクス:0257-20-4201

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?