ホーム > くらし > 消費生活 > 消費生活トラブル > 安価な金属製アクセサリー類に注意!鉛が含まれているものがあります

ここから本文です。

更新日:2015年1月22日

安価な金属製アクセサリー類に注意!鉛が含まれているものがあります

市販されている金属製アクセサリー類などには、有害な鉛が含まれているものがあります!

東京都は、東京都消費生活条例第9条に基づき「金属製アクセサリー類等に含有する重金属類の安全性に関する調査」を実施しました。

その結果、「市販されている金属製アクセサリー類」などに、有害な鉛が含まれているものがあることが明らかになりました。

しかし、現在日本には、金属製アクセサリー類などの鉛に関する規制がないため、東京都は危害の未然防止を図るため国への緊急提案を行いました。

※「市販されている金属製アクセサリー類」とは、宝石・貴金属を用いて造られた装身具類を除くアクセサリー類です。

乳幼児がなめたりしないように大人が注意しましょう!

金属製アクセサリー類などを、乳幼児が「なめる」「口に入れる」「飲み込む」などしないように、大人が取り扱いに注意しましょう!

今回調査を行った比較的安価な金属製アクセサリー類などは、外見からは、鉛が含まれているかどうか判断できません。

もし、鉛を含んでいる製品を乳幼児が「なめる」「口に入れる」「飲み込む」などした場合、鉛を摂取する危険性があります。

乳幼児がいるご家庭では、これらの金属製アクセサリー類などに乳幼児が接触しないよう、大人が取り扱いに注意しましょう。

調査概要

調査品

価格は100〜1,000円程度で、東京都内で市販されている金属製アクセサリー類など指輪、ネックレス、ブレスレット、携帯ストラップなど76品目

調査項目

  1. 調査品に含有する鉛の濃度
  2. 胃酸を想定した溶液に調査品から溶出する鉛の量
  3. 鉛の毒性、規制状況などに関する文献調査

調査結果

  • 米国CPSC(米国消費者製品安全委員会)の基準(0.06パーセント)を超える濃度で鉛を含有しているパーツを含む調査品は46品目あった。そのうち、50パーセント以上の高濃度で鉛を含有しているパーツを含む調査品は32品目あった
  • 最大で米国CPSCの基準(175マイクログラム)の56倍の鉛が溶出する調査品があった
  • 鉛は毒性の強い物質で、特に乳幼児に対しては脳神経系への影響が懸念される

※1マイクログラムは0.000001グラム。

東京都の対応

  1. 厚生労働省と経済産業省に対して、次のとおり緊急に提案しました
    金属製アクセサリー類などに含有する鉛を規制すること、鉛を含有している場合は警告表示を行うことなどの対策を取ること
  2. 販売事業者の団体などに対して、次のとおり要望しました
    鉛を含有した金属製アクセサリー類などの安全確保について対応を図ること

関連リンク

厚生労働省医薬食品局審査管理課化学物質安全対策室ホームページ(別ウィンドウで外部サイトへリンク)

特によくある質問

お問い合わせ

市民生活部市民活動支援課生活安全係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-43-9127

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?