ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康・医療に関する特集 > Good Body&Heart(広報連載記事) > 飲み過ぎないで、次の日スッキリ!(平成30年12月)

ここから本文です。

更新日:2018年12月5日

飲み過ぎないで、次の日スッキリ!(平成30年12月)

健康ロゴ(Good Body&Heart)

―このページは、「広報かしわざき」に掲載した記事をもとに作成しています―

飲み過ぎないで、次の日スッキリ!

年末年始は外でお酒を飲む機会が増えます。楽しいはずの飲み会が二日酔いで辛かった思い出になっていませんか?

飲み過ぎないためのコツを紹介します。

食事と一緒にゆっくり飲む

空腹のときに飲むと、血液の中のアルコール濃度が急に上がります。

食べることで胃への負担を減らすこともできます。

瓶ビールは要注意

ついつい注がれると、どれくらい飲んだか分からなくなります。

自分のペースで飲めるものを選ぶようにしましょう。

焼酎やウイスキーは水割りやお湯割りで

アルコール度数の強いお酒は、薄めることで体への負担を減らすことができます。

アルコールには尿を出やすくする作用があり、飲み過ぎると脱水症状を招きます。水分補給も大切です。

飲む量と帰る時間を決めておく

お酒の適量は年齢や体格によっても異なりますが、成人男性の場合はビールなら500ミリリットル以
内、日本酒なら1合以内が適量と言われています。女性は、男性の2分の1〜3分の1程度です。

自分の飲む量を考え、「今日は、何杯まで」と決めておくことで飲み過ぎを防ぐことができます。

また、翌日までアルコールが残らないように夜の12時以降は飲まないようにしましょう。

お問い合わせ

健康推進課健康増進係

  • 電話番号:0257-20-4213
  • ファクス:0257-22-1077

特によくある質問

お問い合わせ

総合企画部元気発信課情報発信係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館1階

電話番号:0257-21-2311

ファクス:0257-23-5112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?