ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 総合計画 > 柏崎市第五次総合計画 > パブリック・コメント「柏崎市第五次総合計画案(基本構想・前期基本計画)」について、ご意見をお寄せください(平成28年10月7日まで)【終了しました】

ここから本文です。

更新日:2016年10月8日

パブリック・コメント「柏崎市第五次総合計画案(基本構想・前期基本計画)」について、ご意見をお寄せください(平成28年10月7日まで)【終了しました】

「柏崎市第四次総合計画」が平成28年度で10年間の構想期間と後期5年間の計画期間の満了を迎えます。このことから、平成27年度から2カ年にわたって「柏崎市第五次総合計画案(基本構想・前期基本計画)の策定を進めています。

このたび、「柏崎市第五次総合計画案(基本構想・前期基本計画)」をとりまとめました。市民の皆さんのご意見をお寄せください。

応募方法

募集期間

平成28年9月8日(木曜日)から平成28年10月7日(金曜日)まで

計画案の閲覧場所

募集期間中、次の場所で閲覧することができます。また、このページからも閲覧することができます。
なお、計画案が必要な方は各閲覧場所でお申し出ください。

意見の提出方法

企画政策課企画係に、文書を直接または郵送・ファクス・Eメール(住所・氏名・電話番号を記入、様式自由)により提出してください。

  • 郵便番号:945-8511
  • 住所:柏崎市中央町5番50号
  • 電話番号:0257-21-2321(直通)
  • ファクス:0257-32-3303(代表)
  • Eメール:kikaku@city.kashiwazaki.lg.jp

意見の公表

お寄せいただいた意見の概要は、ご意見に対する市の考え方とともに、企画政策課・市民情報コーナー・市ホームページで公表します。(氏名などは公表しません)

総合計画とは

総合計画は、総合的かつ計画的な市政運営を図り、もって市民の幸福の実現とまちづくりの推進に資するため、新潟県柏崎市総合計画条例(平成26年12月22日条例第54号)第3条第1項の規定に基づき策定する本市の最上位計画に位置付けられています。

まちづくりの基本理念、本市の将来像およびこれを実現するための基本方針からなる「基本構想」と基本構想を実現するための施策を体系的かつ具体的に示す「基本計画」で構成されています。

柏崎市第五次総合計画案(基本構想・前期基本計画)

柏崎市第五次総合計画案(基本構想・前期基本計画)(別ウィンドウで開きます)(PDF:3,704KB)

柏崎市第五次総合計画案(基本構想・前期基本計画)の概要

基本構想案

構想期間

平成29年度から平成38年度までの10年間

時代背景と課題

本市の平成29年度から10年間のまちづくりの方向性を示すため、考慮すべき「我が国を取り巻く時代背景」と「課題」を次のとおり明らかにしています。

時代背景
  • 人口構造の変化への対応
  • 産業経済の動向への対応
  • 環境・エネルギー問題への対応
本市における最重要課題

平成29年度から平成38年度までの10年間における、本市の最重要課題として「人口減少・少子高齢化の同時進行への対応」を各分野における共通の課題として捉えています。

将来都市像

目標年である平成38年度における本市の将来都市像と、その実現に向けた基本的な考え方を基本理念として次のとおり明らかにしています。

また、将来都市像の実現にあたって行政から市民をはじめ、地域や団体、企業などさまざまな主体に協力や連携を働きかけていくため、キャッチフレーズを併せて示しています。

将来都市像

「力強く 心地よいまち」

基本理念
  • 頼もしさをつなぐ
  • 豊かさをつなぐ
  • 健やかさをつなぐ
  • たくましさをつなぐ
  • 柏崎らしさをつなぐ
  • 共につくる共にはぐくむ
キャッチフレーズ

これからもずっと そしてもっと柏崎

今後の人口展望

現状のまま平成38年度まで推移したと仮定した場合の人口76,000人を、第五次総合計画の推進によって80,000人から85,000人までを展望します。

土地利用構想

都市計画区域一帯を市民生活を支える都市サービスゾーンに位置付けます。

この都市サービスゾーンと中山間地域において、一定の生活機能が集約されている生活拠点または近隣拠点を公共交通などのネットワークで接続し、市内のいずれの地域においても安心して暮らすことができる土地利用を図ります。

また、市域を歴史的、地理的環境などを踏まえた次の8つの地域に分け、それぞれ地域特性に配慮した土地利用を図ります。

  • 旧柏崎地区(中央、比角、半田、枇杷島、剣野、大洲、鯨波)
  • 郊外地区(荒浜、北鯖石、田尻、高田、西中通)
  • 西部地区(米山、上米山)
  • 北条地区(北条)
  • 北部地区(高浜、西山町)
  • 上条・黒姫地区(上条、黒姫)
  • 鯖石・高柳町地区(中鯖石、南鯖石、高柳町)
分野別施策の基本方針
3つの戦略的な視点

人口減少・少子高齢化が同時進行する中、これをできるだけ緩やかなものとするため、6つの分野別の施策の展開にあたっての戦略的な視点として次の3つを挙げています。

  • 子どもたちがまちへの誇りと愛着を持つ
  • 若い世代や女性から選ばれる
  • 高齢者がいきいきと暮らす

次に、将来都市像の実現にあたって、各分野の施策の基本方針および施策の体系を次のとおり明らかにしています。

防災・生活・環境分野―「頼もしさ」をつなぐまちをめざして
  • 市民の生活を守る「頼もしさ」をつくる
  • 快適な生活環境を支える「頼もしさ」をつくる
  • 社会基盤の整備による「頼もしさ」をつくる
  • 豊かな環境を守る「頼もしさ」をつくる
産業・雇用分野―「豊かさ」をつなぐまちをめざして
  • 「豊かな」暮らしを支える多様な働く場をつくる
  • 「豊かな」産業を活かし稼ぐ力をはぐくむ
健康・福祉分野―「健やかさ」をつなぐまちをめざして
  • 「健やかな」心と体をはぐくむ
  • 子どもを産み育てやすい「健やかな」環境をつくる
  • 誰もが安心できる「健やかな」暮らしをつくる
教育・スポーツ分野―「たくましさ」をつなぐまちをめざして
  • 子どもや若者の「たくましさ」をはぐくむ
  • 学びを通じて地域の「たくましさ」をはぐくむ
  • スポーツを通じた「たくましさ」をはぐくむ
魅力・文化分野―「柏崎らしさ」をつなぐまちをめざして
  • 「柏崎らしい」個性をはぐくむ
  • 大学を活かし「柏崎らしさ」をはぐくむ
  • 歴史や文化の息づく「柏崎らしさ」をつくる
自治運営分野―多様な主体と共創し共育するまちをめざして
  • 平和と人権を尊重する心をはぐくむ
  • 持続可能な市民力と地域力をはぐくむ
  • 持続可能な行政力をはぐくむ

前期基本計画案

計画期間

平成29年度から平成33年度までの5年間

財政計画

本計画の実効性を裏付ける、前期5か年の財政見通しと運用方針を明らかにしています。

重点戦略

最重要課題である「人口減少・少子高齢化の同時進行」に対応するため「子どもたちがまちへの誇りと愛着を持つ」「若い世代や女性から選ばれる」「高齢者がいきいきと暮らす」の3つの戦略的視点から、分野横断的に取り組むべきテーマとして次の4つを導き出しています。

  • 健康づくり
  • 産業の創出
  • 次代を担う人材の育成
  • 魅力ある地域の形成

この4つのテーマから、前期基本計画を先導する取組として、次の4つの戦略を重点戦略に設定しています。

  • 健康・元気・いきいき戦略
  • 産業イノベーション戦略
  • 地域の宝・育成戦略
  • 魅力あるまち形成戦略
分野別施策の基本方針

基本構想案で明らかにしている分野別施策の基本方針と施策の体系に沿って「現況と課題」「主要施策の基本方向」「目標指標」「主要な事務事業」を明かにしています。

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合企画部企画政策課企画係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2321

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?