ホーム > 原子力 > 市の動き > 広報かしわざき「アトム情報」 > 「市町村研究会」は、原子力発電などに県内規模で対応しています(平成29年7月)

ここから本文です。

更新日:2017年7月5日

「市町村研究会」は、原子力発電などに県内規模で対応しています(平成29年7月)

「県内全ての30市町村で構成する「市町村による原子力安全対策に関する研究会」(以下「市町村研究会」)は、平成23年9月に発足し、連携して共通課題に対応しています。

主に、原子力発電所の安全対策の研究・検討を行うことや広域的な対応を必要とする原子力防災の避難・屋内退避・避難者の受け入れの検討を行い、共通の考え方を整理しています。

4月は、福島県庁と福島市を視察し、原子力災害時の初動対応や避難計画の実効性を高めるための課題について意見交換を行いました。7月は、国や県を交えた原子力防災対策研修会を行います。

活動の内容は、長岡市原子力安全対策室ホームページ(別ウィンドウで外部サイトへリンク)でお知らせしています。

写真:実務担当者会議の様子

実務担当者会議

写真:福島市視察

福島市視察

 

特によくある質問

お問い合わせ

危機管理部防災・原子力課原子力安全係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2323

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?