ホーム > 原子力 > 市の動き > 広報かしわざき「アトム情報」 > 緊急時に備えて可搬型のモニタリングポストを設置しました(平成30年7月)

ここから本文です。

更新日:2018年7月5日

緊急時に備えて可搬型のモニタリングポストを設置しました(平成30年7月)

県は、環境放射線監視テレメータシステムにより、柏崎刈羽原子力発電所周辺の空間放射線量と気象観測値を自動で収集し、24時間連続で監視しています。市内では、11カ所に設置され測定をしています(下図の黒丸印)。

これらに加え、緊急時により細やかな観測網で測定を行うために、可搬型の緊急時用モニタリングポストを市内25カ所(平成28年11カ所、平成29年7カ所、平成30年7カ所)に新たに設置しました(下図の赤三角印)。常時測定を行っています。

測定結果は今後県ホームページで公開予定です。

 

イラスト:テレメーターシステムは市内に11か所、緊急時用モニタリングポストは25か所に設置されています
モニタリングポスト位置図

写真:空間放射線量と気象観測値を集計するモニタリングポスト。フェンスで囲まれています
緊急時用モニタリングポスト(南鯖石コミセン)

 

特によくある質問

お問い合わせ

危機管理部防災・原子力課原子力安全係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2323

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?