ホーム > 原子力 > 市の動き > 広報かしわざき「アトム情報」 > 原子力災害対策重点区域と緊急事態区分(令和元(2019)年8月)

ここから本文です。

更新日:2019年8月5日

原子力災害対策重点区域と緊急事態区分(令和元(2019)年8月)

原子力災害対策重点区域

万が一の原子力災害時には、発電所からの距離に応じて地区ごとに区分され、対応が取られます。

即時避難区域(PAZ)

発電所からおおむね5キロメートル圏内の区域で、高浜地区、荒浜地区、松波地区、南部地区、二田地区、中通地区、西中通地区の7地区。原子力災害時には、放射性物質放出前に市の指示により避難を開始します。

避難準備区域(UPZ)

発電所からおおむね5キロメートル〜30キロメートル圏内の区域で、PAZの7地区を除く市内全地区。原子力災害時には、まず屋内に退避し、放射性物質放出後、放射線量の測定結果によって避難が必要な地区が指定されます。

 

緊急事態区分と緊急時活動レベル

緊急事態区分

発電所の状況や距離などに応じて、防護措置の準備や実施を適切に進めるため、「警戒事態」「施設敷地緊急事態」「全面緊急事態」の3つの緊急事態区分が設けられています。

緊急時活動レベル(EAL)

発電所の状況に応じて緊急事態区分を判断するための基準で、原子力事業者防災計画に定められています。

 

緊急事態区分と緊急時活動レベルの関係
緊急事態区分 緊急時活動レベル(EAL) レベルごとの内容
警戒事態 EAL1 重大事故につながるような事態が発生
(市または刈羽村で震度6弱以上の地震が発生した場合など)
施設敷地緊急事態 EAL2 原子炉損傷に至る可能性がある事態が発生
(全交流電源が喪失し、その状態が30分以上継続した場合など)
全面緊急事態 EAL3 原子炉損傷に至る可能性が高い事態が発生
(全交流電源が喪失し、その状態が1時間以上継続した場合など)

特によくある質問

お問い合わせ

危機管理部防災・原子力課原子力安全係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館4階

電話番号:0257-21-2323

ファクス:0257-21-5980

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?