ここから本文です。

更新日:2019年3月7日

かしわざき子ども司書養成講座

柏崎市立図書館では、市内の小学校の図書委員を対象に、子ども司書(読書リーダー)養成講座を開講しています。

講座の目的

  • 図書委員が本や学校図書館に興味を持ち、学校図書館で進んで活躍できる人材を育成する
  • 図書委員が子ども司書(読書リーダー)となり、児童が主体的に読書推進することができる

  • 「できる」という成功体験をすることで自信を得る。また、読書体験につながる方法を習得する

子ども司書とは

司書は「書を司る」と書くように、本と人をつなぐ人です。

子ども司書とは「本に親しみながら、本の世界や知識を学び、読書の素晴らしさや大切さを友達や家族に伝える読書リーダー」です。

本のことや図書館の仕事を知り、読書は楽しいということを伝える役割を担います。

いつやるの? だれが教えてくれるの?

写真:図書館司書が本の修理について説明しています。児童は立ち上がり興味をもって見ています。図書委員会の時間に活動します。

柏崎市立図書館の司書や図書館業務専門員が、やさしく楽しく教えます。

 

どんなことをするの?

図書委員が、たくさん本に出会い、本に興味を持つ活動をします。また、学校図書館で自分に何ができるかを考え、行動できるように司書の体験をします。

講座回数と体験メニューは学校と相談の上、決定します。閉講式には認定証を授与します。

実施例(全7回)

  • 第1回:開講式・司書のお仕事を知る
  • 第2回:本を選ぶ(選書)・本の住所を知ろう(分類)本だなに並べる(配架)
  • 第3回:調べてみよう(レファレンス)
  • 第4回:本の修理
  • 第5回:読み聞かせしよう
  • 第6回:POPを作ろう・ビブリオ体験
  • 第7回:ビブリオバトルに挑戦・閉講式

 

写真:日本十進分類表を司書が説明し、児童が聞いています。
養成講座の様子

写真:子ども司書が書いたおすすめの本をソフィアセンターで展示している様子です。
本とそのPOP

講座の流れ

かしわざき子ども司書養成講座の流れは次のとおりです。

  1. 子ども司書養成講座実施の相談(実施小学校・図書館)
    • 子ども司書養成講座の概要説明
    • 実施日時と講座メニューの決定
    • 保護者への文書・同意書の確認など
  2. 図書委員へ子ども司書養成講座実施の説明
    • 保護者へ開講と写真掲載についての文書配布
  3. 開講式・オリエンテーション
  4. 子ども司書養成講座の実施
    • 各メニューのレジュメに従い進めます
    • 座学だけでなく、学校図書館の中で図書委員が実際に活動します
    • 一人1冊ファイルを用意します。毎回のレジュメや、活動記録・感想などを記入します
  5. 閉講式・子ども司書認定証授与
    • 記念撮影をし、後日お渡しします
    • ファイルを一度回収し、図書委員の活動を記録します

活動報告

子ども司書養成講座の活動内容は、以下の方法で周知します。

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会図書館資料係

新潟県柏崎市学校町2番47号

電話番号:0257-22-2928

ファクス:0257-21-2936

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?