ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 飯塚邸 > 史跡・飯塚邸での催し物(平成28年)

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

史跡・飯塚邸での催し物(平成28年)

越後の上質な和風建築を今に伝える史跡・飯塚邸では、その風情をいかしたイベントを開催しています。

平成28年に開催されたイベントの一部をご紹介します。

※休館日や入館料などの詳しい情報は「史跡・飯塚邸」をご覧ください。

 写真:飯塚邸の座敷から庭園「秋幸苑」を眺めた様子。秋幸苑の木々が赤く色づいています。
紅葉で彩られた飯塚邸の秋幸苑

平成28年のイベント

つるし雛かざり(平成28年4月1日~5月8日)

写真:飯塚邸の天井から下がるつるし雛と座卓の上に飾られたミニつるし雛。奥の床の間には親王飾りも飾られています。

ちりめんや思い出の着物地を使って制作したつるし雛や親王飾りのほかにも、花しょうぶや加賀手まりなど小さな布作品約600点が座敷いっぱいに飾られました。

写真:手まりもつるされています。

今年も加賀手まりの会(石川県・金沢市)にご協力をいただきました。

写真:ちりめんで作られたうぐいすが木の枝に止まっています。

本物の枝に、ちりめんで作られた梅の花とウグイスが春を感じさせます。

里神楽の上演(平成28年6月12日)

飯塚邸の庭園・秋幸苑(しゅうこうえん)に舞台を設置し、鵜川神社神楽舞保存会と上方塩栄神社神楽舞保存会が里神楽を上演しました。

写真:お面をつけた二人の男性が、鎌と稲を持ち舞っています
「五穀成就(ごこくじょうじゅ)」

写真:恵比寿様のお面をつけて釣竿を持って舞います。
「海幸(うみさち)」

写真:4人の少女が巫女装束で鈴を持って舞います。
「浦安の舞」

綾子舞伝承学習の特別公開(平成28年8月6日)

新道小学校と南中学校の子どもたちが行っている綾子舞伝承学習の様子を、特別に公開しました。

普段と違う練習会場、お客さんの前での練習に、どの子も気持ちを引き締めて取り組んでいました。

高原田の練習風景

写真:小歌踊の練習をする子とその様子を見学する女の子たち。

写真:狂言の冠者役の練習をする男の子たち。腰をしっかり落として扇を構えます。

下野の練習風景

写真:小歌踊の練習をする女の子とその指導者

写真:殿様と冠者に分かれて、狂言の練習をする小学生の男の子

11月に行われた伝承学習発表会は、この特別公開の成果もあり堂々とした発表でした。

発表会については、以下のリンクをご覧ください。

柏崎コカリナクラブ コンサート(平成28年10月22日)

写真:柏崎コカリナクラブの皆さん

写真:左端の男性がコカリナの説明をしています

写真:たくさんのお客さんがコカリナの演奏を聞いています

 

この他にも、呈茶会や「キルト&さき織り」展が行われました。

また、春にはBSスカパー「ひぐらしのなく頃に」、秋にはNHK-BSプレミアム「獄門島」のロケに飯塚邸が使われ、放送後には聖地巡礼に訪れるお客様もいらっしゃいました。

写真:飯塚邸の蔵を使って撮影しています
「獄門島」の撮影風景

写真:障子戸2枚分の大きさのパッチワークキルトが飾られています。
座敷に飾られたキルト

 

お問い合わせ

史跡・飯塚邸

公益財団法人かしわざき振興財団 施設管理室

 

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会博物館管理係

新潟県柏崎市緑町8番35号

電話番号:0257-22-0567

ファクス:0257-22-0568

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?