ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 柏崎市立博物館 > 博物館友の会 > 行事報告:柏崎の巨樹・巨木見学

ここから本文です。

更新日:2017年7月5日

行事報告:柏崎の巨樹・巨木見学

博物館友の会は、毎月さまざまな行事を行っています。

今回は、平成29年7月に行った、柏崎の巨樹・巨木見学の様子をお知らせします。

柏崎の巨樹・巨木見学の内容

日時

平成29年7月2日(日曜日)午前9時~正午

会場

久之木の大杉(柏崎市善根・元諏訪神社境内)、柏崎市指定天然記念物(1973年)

中村の大杉(柏崎市西長鳥・白山神社境内)、新潟県指定天然記念物(1956年)

根上がりの松(柏崎市比角・羽森神社境内)

内容

柏崎には巨樹・巨木が多く、特に社寺境内にあります。今回は3か所を見学してきました。

久之木の大杉は樹齢800年くらい、胸髙2.23m、樹高約30m、太枝を4本に張ってこんもりしていました。中村の大杉は樹齢1,000年くらい、胸髙2.42m、樹高20m、主幹の高さ4m付近の北側と南東側から大きな枝が分かれていました。根上がりの松(クロマツ)は1912年開通の越後線工事で砂丘が堀割られ、北西の季節風に耐え、露出した根(高さ1.5m)で支えられていました。講師の相澤陽一氏・阿部文夫氏から巨樹・巨木だけでなく、周りの植物についてもいろいろ教わりました。

見学風景

久之木の大杉です。参加者が周りに集まって講師から説明を聞いています。
久之木の大杉

中村の大杉。太い幹にしめ縄が巻かれています。
中村の大杉

根上がりの松。1.5mほど根が露出していて、幹が傾いています。
根上がりの松

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会博物館管理係

新潟県柏崎市緑町8番35号

電話番号:0257-22-0567

ファクス:0257-22-0568

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?