ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 柏崎市立博物館 > 博物館友の会 > 行事報告:秋の文化財めぐり「奈良の美仏巡りと文化を感じる旅」

ここから本文です。

更新日:2016年10月19日

行事報告:秋の文化財めぐり「奈良の美仏巡りと文化を感じる旅」

博物館友の会は、毎月さまざまな行事を行っています。

平成28年9月に行った一泊二日、秋の文化財めぐりの旅「奈良の美仏巡りと文化を感じる旅」の概要をお知らせします。

日時

平成28年9月30日(金曜日)午前5時~10月1日(土曜日)午後9時30分

内容

1日目

  • まだ太陽が姿を見せていない午前5時に出発。そのまま高速道路に乗って4回休憩を取り奈良県に到着しました
  • 法隆寺に向かい、五重塔や玉虫厨子を見学、続いて中宮寺の国宝、半跏思惟像を見学します
  • 普段あまりここで見られない像を見ることができ、参加者は感動していました
  • 奈良国立博物館では、展示している仏像の数が多く、時間も1時間ほどなのでゆったりとした見学ができませんでした
  • 1日目最後の見学場所である東大寺、二月堂、春日大社は徒歩で回ります。ガイドの方の笑いを交えながらの説明に、参加者も笑顔で聞いていました
  • 南大門で両脇にある金剛力士像と「奈良の大仏様」である盧舎那仏(るしゃなぶつ)を見学し、その後、二月堂を見学してから春日大社に向かいました
  • 春日大社では、日没の時間が近づき、少し暗い中での見学となりました。御朱印を書いてもらう参加者が多く、暗い中を懐中電灯を頼りにバスに戻りました

2日目

  • 8時にホテルを出発、大型バスがぎりぎり通れるくらいの狭い道を通って飛鳥寺へと向かいました
  • 飛鳥寺では、ご本尊である日本最古の仏像、飛鳥大仏を見学。写真撮影が可能とあって展示物に向かってカメラを向けていました
  • その後、高松塚古墳と高松塚古墳壁画館に行き、東西南北の壁に描かれた壁画を見学しました
  • 2日目最後の室生寺では、本堂奥のほか、奥之院の見学を行いました。御朱印を書いてもらう参加者は700段の階段を上っていました
  • 室生寺見学の後、道の駅で昼食を食べ、お土産を購入し、21時30分に帰柏しました。見学した展示物は、国宝や重要文化財などが多く、参加者の皆さんは大変満足されていました

見学風景

写真:建物の形は上から見ると八角形をしています。
法隆寺夢殿(ゆめどの)を見学しています

写真:高さが約25メートルあります。
東大寺南大門です

写真:網で囲われた木造金剛力士立像(阿形)です
木造金剛力士立像(阿形)

写真:網に囲まれた木造金剛力士立像(吽形)です
木造金剛力士立像(吽形)

写真:「奈良の大仏様」を横から写しています
「奈良の大仏様」銅造盧遮那仏坐像

写真:ガイドが参加者に説明をしています
ガイドさんから分かりやすい説明を受けています

写真:飛鳥大仏の前に観覧者が立っています
日本最古の飛鳥大仏

写真:杉林の中に階段が上まで続いています
室生寺奥之院に続く階段

写真:参加者が室生寺五重塔の前で記念撮影
室生寺五重塔で記念写真

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会博物館管理係

新潟県柏崎市緑町8番35号

電話番号:0257-22-0567

ファクス:0257-22-0568

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?