ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 柏崎市立博物館 > 博物館友の会 > 行事報告:春の文化財めぐり「山形県の自然と文化を感じる旅」

ここから本文です。

更新日:2016年7月9日

行事報告:春の文化財めぐり「山形県の自然と文化を感じる旅」

博物館友の会は、毎月さまざまな行事を行っています。

平成28年6月に行なった、春の文化財めぐりの旅をお知らせします。

日時

平成28年6月25日(土曜日)午前7時~午後8時30分

内容

午前7時に出発しました。そのまま高速道路に乗り2回ほど休憩を取り米沢市へ向かいます。

途中、車窓から山あいの道路と並んで走る線路の風景があり、大きな川が流れ、山は緑が濃く、秋になると、紅葉が映えるところです。

予定より1時間早く米沢市の上杉博物館に到着し、複製ではありましたが国宝の上杉本洛中洛外図屏風を見学し、皆さん美しく迫力のある屏風に感動していました。

次に上杉城史苑で昼食、その後は自由行動で上杉神社、春日神社に参拝などをしていました。

午後2時から、米沢市児童会館でプラネタリウム鑑賞を行い、新しいプラネタリウム設備の美しい星空、丁寧な星空解説を楽しみました。

笹野観音堂は別名「あじさい寺」と呼ばれていますが、その名の通り、きれいな紫陽花が数多く咲いていました。残念ながら本尊である千手千眼観世音菩薩は時期が違っていて見られませんでした。

酒蔵資料館ではガイドの方から詳しい説明を聞いた後、お酒の試飲があり、お酒の好きな方は飲み比べた後に気にいったお酒を購入していました。

最後の見学場所である春日山林泉寺では、ガイドの方から説明があった後に上杉謙信、直江兼続などの位牌を見学し帰途につきました。

見学場所が多い日程でしたが、皆さん疲れた様子もなく笑顔で帰宅しました。

見学風景

写真:上杉博物館の外観
上杉博物館正面入り口

写真:参加者が展示物を見ています
領地転封の様子を見ています

写真:昼食がテーブルの上に置いてあります
昼食は品数も多くボリュームがあります

上杉鷹山公詠の碑です「なせば成る、なさねば成らぬ何事も、成らぬは人のなさぬなりけり」と書いてあります。
上杉鷹山公詠の碑です

米沢市児童会館プラネタリウム室前、2年前に新しい設備になりました。
米沢市児童会館プラネタリウム室前です

笹野観音堂本堂、かやぶきの屋根です
笹野観音堂本堂です

東光酒蔵資料館入り口
東光酒蔵資料館入り口

春日山林泉寺正面、参加者が入口に向かっています
春日山林泉寺正面

春日山林泉寺で集合写真
春日山林泉寺で集合写真

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会博物館管理係

新潟県柏崎市緑町8番35号

電話番号:0257-22-0567

ファクス:0257-22-0568

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?