ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 飯塚邸 > 史跡・飯塚邸での催し物(平成29年)

ここから本文です。

更新日:2018年3月5日

史跡・飯塚邸での催し物(平成29年)

越後の上質な和風建築を今に伝える史跡・飯塚邸では、その風情を生かしたイベントを開催しています。

平成29年に開催したイベントの一部をご紹介します。

※開館時間や入館料などの詳しい情報は「史跡・飯塚邸」をご覧ください。

写真:秋幸苑の写真。手前に池があり、奥には紅葉した庭木が写っています 写真:飯塚邸の玄関から表門を撮影した風景。表門の上には黄色く色づいたいちょうが写っています
平成29年11月下旬の飯塚邸

平成29年のイベント

史跡・飯塚邸のつるし雛かざり

平成29年4月1日(土曜日)~5月7日(日曜日)、恒例となった「史跡・飯塚邸のつるし雛かざり」を開催しました。

今年も半田コミセン主催の手芸講座の作品を中心に展示し、「わしまのつるし雛」と「加賀手まりの会」、さらには藍染の「萌の会」と「門出和紙」も加わり、一層華やかになりました。

ひと針ひと針の作業に込めた作り手の想いが伝わってくるようで、小さな作品に目を凝らす姿が多く見受けられました。

【概要】史跡・飯塚邸のつるし雛かざり【終了しました】

 

写真:つるし雛が飯塚邸主屋に飾られています
座敷棟を彩るつるし雛

写真:わしまのつるし雛は少し趣が違い、大きめに作られています。
わしまのつるし雛

写真:色とりどりの刺繍が施された加賀手まり
加賀手まり

写真:藍染の布でつくった端午の節句人形。萌の会さんによる作品です
藍染作品の「萌の会」

写真:桜模様の紙をすきこんだ門出和紙の作品。
春風に揺れる門出和紙

 

秋幸苑のライトアップ

今年は10月27日~11月11日の週末に、7回のライトアップを行いました。

11月4日は満月ということもあり、3日から5日の間は、大きなお月さまとライトアップされた紅葉を楽しみに、多くのお客さまが足を運ばれました。

写真:手前に池があり、その奥にある赤く色づいたもみじがライトに照らされています

写真:手前に石燈籠があり、その奥の木々がライトに照らされています

秋幸苑の紅葉

市内の紅葉と同じく、秋幸苑の紅葉も11月半ばに見ごろを迎えました。

散り落ちたもみじといちょうの葉で、さながら『紅葉のじゅうたん』のようでした。

写真:表門をくぐってすぐ左手には案内看板があり、その上に黄色く色づいたいちょうが見えます

写真:秋幸苑の奥から撮影。手前に赤く色づいたもみじがあり、その奥に飯塚邸の主屋がみえます

写真:東屋右側に東屋がうつり、その左側に赤いもみじと石燈籠が見えます

写真:表門裏側では、木に残った赤いもみじと地面に敷き詰められたもみじが楽しめました

写真:中央に秋幸苑奥に続く石段がうつり、周りには赤く色づいたもみじがあります。

写真:地面を覆い尽くした落ち葉の中に、飛び石がところどころ顔を出しています

(平成29年11月17日撮影)

 

この他にも、里神楽上演会(平成29年6月17日)、柏崎コカリナクラブコンサート(平成成29年9月9日)、和のキルト展(平成29年10月4日~9日)などが開催されました。

お問い合わせ

史跡・飯塚邸

公益財団法人かしわざき振興財団 施設管理室

特によくある質問

お問い合わせ

教育委員会博物館管理係

新潟県柏崎市緑町8番35号

電話番号:0257-22-0567

ファクス:0257-22-0568

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?