ホーム > 産業・ビジネス > 農業 > 農業用ダム > 農業用ダムはこんなダム

ここから本文です。

更新日:2019年8月6日

農業用ダムはこんなダム

農業用ダムで農業用水の不足を解消!

柏崎市と刈羽村には、3,590ヘクタールもの水田があり、鯖石川、別山川、鵜川の3つの河川から農業用水を取水しています。しかし、各河川とも水量が乏しく、農家では長年水不足に悩まされてきました。

そこで、水不足を解消し、安定した水源を確保するために農業用ダムが建設されました。

現在、柏崎市では、鯖石川に「栃ヶ原ダム」が、別山川に「後谷ダム」がそれぞれ建設され、日照りが続いたときでも安心して水田に水をひくことができるようになりました。

鵜川水系では「市野新田ダム」が令和2(2020)年度の供用開始をめざして、試験湛水(しけんたんすい)を終え、最終調整に入っています。

写真:試験湛水で満水の市野新田ダム
試験湛水中の市野新田ダム

柏崎の農業用3ダム

栃ヶ原ダム

平成13年7月に本体工事に着手し、平成16年9月から堤体コンクリート打設に着手しました。

平成19年度に本体が完成。ダムの機能試験を終え、平成22年8月から供用を開始しています。

栃ヶ原ダムの詳細は、「栃ヶ原ダムの紹介」をご覧ください。

後谷ダム

平成16年3月に本体工事に着手し、平成19年度に本体が完成しました。ダムの機能試験を終えて平成22年8月から供用を開始しています。

後谷ダムの詳細は、「後谷ダムの紹介」をご覧ください。

市野新田ダム

平成24年4月に本体工事に着手し、ダム本体はほぼ完成しました。現在は最後の仕上げとしてダム周辺の付帯工事を行っています。

平成31年から約半年間行っていた試験湛水も無事終了し、令和2(2020)年度に供用を開始する予定です。

市野新田ダムの詳細は、北陸農政局柏崎周辺農業水利事業所ホームページまたは「市野新田ダムの紹介」をご覧ください。

柏崎版オリジナルダムカード

近年、ダムは観光施設として脚光を浴びています。

柏崎市も地域振興につなげたいと、農林水産省、新潟県、水土里ネット柏崎と連携して、平成29年と平成30年にオリジナルダムカード(平成30年は農業用ダムのみ)を発行したところ、多くの方がダムを訪れ、用意したダムカード全てが無くなりました。

今年は農林水産省で新デザインのダムカードが発行し、配布しています。(無くなり次第配布終了)

写真:3種類の農業用ダムカード。カードの淵は青く、中央にそれぞれのダムの写真が配置されています
新デザインのダムカード
(後谷ダム、栃ケ原ダム、市野新田ダム)

特によくある質問

お問い合わせ

産業振興部農林水産課農地管理班

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2307

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?