ホーム > 防災・防犯・消防 > 防犯 > 安全・防犯情報 > 詐欺前兆電話に出ないための対策を取りましょう【平成31(2019)年3月18日配信】

ここから本文です。

更新日:2019年3月18日

詐欺前兆電話に出ないための対策を取りましょう【平成31(2019)年3月18日配信】

県内では、詐欺前兆電話と思われる電話が多くかかってきています。
相手は警察官や金融機関職員などを名乗り、「詐欺グループがあなたの通帳を持っていた」「金融機関に詐欺の犯人がいるので逮捕に協力してほしい」などと言って個人情報を聞き出そうとします。

相手は、騙しのプロです。電話に出てしまうと言葉巧みに個人情報を聞き出してきます。相手は通話を録音されることを嫌うので、録音機能を活用して電話に出ないための対策を取りましょう。
警察官が現金やキャッシュカードを預かったり、暗証番号を聞くことはありません。
不審な電話があったら詐欺を疑い、すぐ家族や警察に相談し、被害に遭わないよう注意してください。

※電話に出ないためのポイント
〇自宅の電話を在宅中でも留守番電話設定にする。
〇家電量販店等で販売されている防犯機能付き電話を購入する。
〇市で貸し出しをしている通話録音装置を活用する。(台数に限りがあるので、利用希望の方は市民活動支援課までお問い合わせください。)

お問い合わせ

市民生活部市民活動支援課生活安全係

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 本館3階

電話番号:0257-21-2272

ファクス:0257-24-7714

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?