ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > リサイクル > 収集した資源物は、さまざまな製品の再生原料として生まれ変わっています

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

収集した資源物は、さまざまな製品の再生原料として生まれ変わっています

市が収集する資源物のその後(概要版)

皆さんの自宅から出された各種資源物は、ステーション(集積場所)で収集された後、どのように処理されているか、ご存じですか。

市が収集した資源物は、「マテリアルリサイクル(材料リサイクル)」という方法で、さまざまな製品の再生原料として生まれ変わっています。

資源物リサイクルのながれ(別ウィンドウで開きます)(PDF:550KB)

材料リサイクルとは?

材料リサイクルとは、簡単に言うと「ごみとなった製品を、新たな製品の材料として使うこと」です。

「リサイクル」という考え方の中には、材料リサイクルの他に、ごみとなった製品を科学的に分解して化学製品の原料として使う「ケミカルリサイクル」や、ごみとなった製品を燃やして発生する熱を回収する「サーマルリサイクル」などがあります。

それぞれの方法には廃棄物の種類・目的などによる長短がありますが、資源の有効活用という点において、材料リサイクルは優れたリサイクル方法であると考えられています。

適正な分別が重要です!

再生原料の品質を高め、リサイクル経費を減らすためには、正しい分別が非常に重要になります。

また、ごみの約6割に含まれるプラスチック製容器包装やペットボトルなどが資源物としてリサイクルされることで、焼却施設や埋立施設などにかかる負荷を低減することができるなど、一人一人の分別への取組みが大きな力になります。

リサイクルも大切ですが...ごみが出ないようにすることが重要です!

環境問題を考える時、資源の有効活用も大事ですが、ごみの量を減らすことも非常に重要です。

生活していれば、どうしてもごみは出てしまいますし、出てしまった資源となるごみ(資源物)はリサイクルするにしても、当市では、そもそもごみを出さないこと(排出抑制)や、まだ使える物は何度も使うこと(再使用)が、より重要だと考えるところです。

身の周りの、できるところから、見直してみるのも良いのではないでしょうか。

特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課資源循環係

柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)

電話番号:0257-23-5170

ファクス:0257-24-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?