ここから本文です。

更新日:2018年12月19日

スプレー缶の正しい捨て方

市は、整髪料・殺虫剤などのエアゾール缶とカセットコンロ用のガスボンベを「スプレー缶」として回収しています。

「スプレー缶」は燃やさないごみでは回収していませんのでご注意ください。

「スプレー缶」の正しい出し方は、以下のとおりです。

スプレー缶の正しい捨て方

スプレー缶は「穴を開け、ガスを抜いてから」捨ててください

画像:1、スプレー缶に穴をあける。2、穴の開いたスプレー缶を青いコンテナ(小)に入れる。をイメージする絵です

  1. スプレー缶は最後まで中身を使い切り、缶に穴を開けてガスを抜いてください
  2. 穴をあけたスプレー缶は、指定された日(月2回)にお出しください

中身が残ったままの缶は火災の原因に!

中身が残ったままだったり、穴を開けていないかったりしたスプレー缶が出されると、ごみ収集車やごみ処理施設の火災の原因になり、危険ですので絶対に出さないでください。

燃えて黒く焦げたスプレー缶写真その一

燃えて黒く焦げたスプレー缶写真その二

ガス抜きは、必ず風通しの良い屋外で行いましょう!

スプレー缶に穴を開ける際は、火気のない屋外の風通しの良い場所で、換気に注意してガス抜きをしてください。

全国的に、不適切な方法での火災・爆発などの事故事例が増えています。缶に書かれた注意事項などをよく読み、くれぐれも安全に注意して行ってください。

ガスの抜き方は、以下のリンク先に詳しく紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

穴開けが困難な場合は、クリーンセンターに直接お持ち込みください

スプレー缶の穴開けが困難な場合は、市指定のごみ袋にスプレー缶を入れ、クリーンセンターかしわざきへ直接お持ち込みください(町内のステーションには出さないでください)。

受け付けで「穴開けしていない缶であること」を職員にお伝えいただければ、クリーンセンターで穴開けを行います。

特によくある質問

お問い合わせ

市民生活部環境課資源循環係

柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)

電話番号:0257-23-5170

ファクス:0257-24-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?