ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > ごみ・資源物の分け方・出し方 > クリーンセンターからのお知らせ > ルールを守ってごみ・資源物を出しましょう!―住み良い環境づくりは正しい分別から

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

ルールを守ってごみ・資源物を出しましょう!―住み良い環境づくりは正しい分別から

自分が出す「ごみ・資源物」です。収集されるまで責任を持ちましょう!

ご家庭から出るごみや資源物は、町内会やアパートなどの単位で集積場所(ステーション)を設置し、市が収集していますが、一部ステーションでは、ルールが守られていないことがあります。

ルールが守られていない出し方や分別は、収集作業や資源物リサイクルの妨げになるだけでなく、地域の皆さんの迷惑になりますので、絶対にやめましょう。

皆さんの取り組みが、住み良い地域環境を作っています。

ステーションに出す時間を守ってください。「後出し」は収集しません

ごみ・資源物は、決められた収集日の朝8時までに、ステーションに出してください。

収集車が収集した後に出したごみ・資源物は、再度収集しません。

「後出し」には多くの苦情が寄せられています!

絶対にやめましょう!

違反シール(赤色)が貼られたごみは、ルール違反です。持ち帰ってください

ごみや資源物が、誤った方法でステーションに出された場合には、違反シール(赤色)を貼ったうえで収集せず、ステーションに残しておきます。

違反シールには収集できない理由が書いてありますので、出した人は持ち帰り、正しい方法で出し直してください。

くれぐれも、あなたが出したごみ・資源物に、違反シールが貼られませんように...

写真:赤い違反シール

割れた空きびんや廃蛍光管は、資源物でなく「燃やさないごみ」へ

空きびんや廃蛍光管は、割れるとリサイクルできませんので、資源物の収集日には出さないでください。
出す時には、安全に収集作業が行えるよう、紙で包み、割れ物が入っていることが分かるようマジックで書いてから、市指定ごみ袋に入れてください。

紙類は、品目ごとにきちんと置いてください

紙類は、新聞、雑誌・雑紙類、ダンボール、紙パック、紙製容器包装の5品目に分け、収集しています。

紙類をステーションに出すときには、それぞれの品目が混ざらないよう、きちんと分けてください。

プラスチック製容器包装は、袋から出して収集ネットに入れてください

持参した際の袋がプラスチック製容器包装になるものであっても、袋のまま出さないでください。異物の混入が発見しづらいうえ、その後のリサイクル過程での支障となります。

生ごみは、よく水を切って出してください

生ごみは、十分に水を切ってから、ステーションに出してください。水切りが不十分ですと、悪臭や害虫発生の原因となり、ステーション近隣の迷惑となります。

かみそり、ライター、乾電池などの危険な異物は混ぜないでください

かみそりなどの「刃物」や、ライター、乾電池などの「発火の元となる物」は、収集・リサイクル時に大変危険ですので、絶対に混ぜないでください。

これらは正しく分別されずに、捨てられることが非常に多い品物ですので、ご注意ください。

正しくは、かみそりは「燃やさないごみ(紙で包んで中身をマジックで書く)」、プラスチック製のライターは「燃やすごみ(ガス・油を使い切ってから)」、金属製のライターは「燃やさないごみ(ガス・油を使い切ってから)」、乾電池は「廃乾電池」になります。

特によくある質問

お問い合わせ

市民生活部環境課資源循環係

柏崎市松波四丁目13番13号(クリーンセンターかしわざき)

電話番号:0257-23-5170

ファクス:0257-24-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?