ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 新庁舎建設整備 > 基本設計・実施設計 > 第1回新庁舎基本設計市民ワークショップを開催しました

ここから本文です。

更新日:2016年9月23日

第1回新庁舎基本設計市民ワークショップを開催しました

写真:ボードに、意見を出し合った内容を付箋に書き、貼っています新庁舎の基本設計を進めるに当たり、ふれあい交流機能など、市民のみなさんのご意見やアイデアをお聞きするため、第1回市民ワークショップを開催しました。その概要をお知らせします。

 

第1回市民ワークショップの概要

開催日時と場所

  • 開催日時:平成28年8月25日(木曜日)午後7時から午後9時まで
  • 場所:文化会館アルフォーレ会議室

参加者

  • 市内にお住いの高校生以上の市民:30人

主な内容

オリエンテーション

次の内容についての説明をし、参加者の皆さんから認識を深めていただきました。

  • 新庁舎建設の経緯について
  • 新庁舎建設基本計画について
  • 設計者選定までの過程について
  • 設計プロポーザル案について
  • 市民サービスに関わる機能のイメージについて

グループワーク

参加者で5つのグループをつくり、オリエンテーションの内容を参考としながら、次のテーマについてグループワークを行いました。

  • 私が新庁舎に望むこと
グループワークで出された主な意見

写真:男性が、グループワークで出された意見を貼ったボードを持っています

  • 目的がある人が来るので、利用しやすい庁舎、案内表示
  • 時間外利用の改善
  • 電車・バスの待ちスペース(冬期間の防寒や夜間入れる場所)
  • 地元食材を使った食堂
  • 観光物産の売り場
  • 情報を受け取りやすい機能
  • 開放的で分かりやすい庁舎
  • 若い人も入りやすくて楽しめる庁舎
  • 勉強スペースの確保
  • 手続きに集中できる子どもの託児スペース
  • イベント会場としての機能充実
  • 定期的な朝市の開催
  • 周辺地域との交流
  • 大学のサテライトキャンパス
  • 屋上の使い方、景観をみる
  • 市民プラザ、アルフォーレ、まちからとのかかわり
  • 駐車場からのアクセス、動線
  • 少し遊び心をもった建物
  • 気軽に借りることができるスペース(調理室、スタジオ)
  • 市の木、市の花の植栽
  • 防災に特化した庁舎
  • 余計なものをつくらない

今後の予定

今回の内容を踏まえ、平成28年10月4日(火曜日)に第2回市民ワークショップを行います。

テーマは、「市民交流スペースの在り方」です。

関連資料

新庁舎建設基本計画(概要版)(別ウィンドウで開きます)(PDF:6,377KB)

 


特によくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合企画部新庁舎整備室 

新潟県柏崎市中央町5番50号 市役所 第二分館1階

電話番号:0257-41-5173

ファクス:0257-23-5116

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?